他人の悪口や批判を言っても失うものだらけだよ【ネットの話】

われ思う

今日もネットの世界では他人への悪口が発信されている。

個人のつぶやきだったり、集団の書き込みだったりと。

なぜ、そこまでするのか。

それはわからないが、失うものが多いだけだとは言える。

 

どうも、トウゴです。

ネットでは、あることないこと垂れ流せちゃいますよね。

しかも、匿名でカンタンに。

でもね、失うものがあるんだよと説明していきます。

他人の悪口や批判をしても失うものだらけ

最初にハッキリと言っておきたい。

悪口や批判をしても意味はないと。

あなたが得られるものは、主に2つだ。

・ストレス発散
・自己満足

 

それに対して、失うものは多い。

・信用
・時間
・お金
・他人と自分の心

信用

あなたは他人の悪口を発信する人をどう思うだろうか?

この人と仲良くなりたい、交流してみたいとはならないはずだ。

なぜなら、自分も同じように言われてしまうと考えるから。

そうやって信用されなくなってしまうし、付き合いのあった人たちからも失ってしまうのだ。

また、会社からの信用を失ったり、所属先の信用も失ってしまうケースもある。

時間

当たり前だが、批判のツイートや書き込みをするのには時間を消費している。

もちろん、一度だけなら問題ないが、何回も行っていたらどうだろうか?

気が付いたら数十分もムダにしてしまうことになる。

それを年間で・・と考えたら相当な時間を失っていると理解できるはずだ。

そして、時間は何をするにしても平等に過ぎていく。

自己投資に勉強や読書をしようと、ネットで悪口の語り部になっていようとも刻まれる時に変わりはない。

お金

お金と言われてもピンと来ないかもしれないが、あまりにもヒドい発言は賠償金を求められることもあるのだ。

他人の心と自分の心

批判や悪口を言われても気にする人もいれば、気にならない人もいる。

しかし、嬉しい!なんて思うわけはないはずだ。

良い気分が一瞬でブチ壊されたり、傷つけられたりするのだから当然だろう。

攻撃されてしまう側の心だけでなく、それを行う方もなのはなぜか。

何を言ってもお構いなしになってしまい、他人を傷つけているようで、自らの心を失っているからだ。

まとめ:今スグ止めてプラスになることをしよう

悪口や批判で失うものについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

もし、この記事を読んで止めようかなと思ってもらえたら何よりです。

意識的に炎上ネタや、多くの人が批判を繰りひろげているサイトなどから距離を置いてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました