『ビックリマン~ザ☆ステージ~』がヤバい予感しかない理由

どうも、トウゴです。

人気マンガを原作とした実写映画の製作が発表されると、否定的な意見が多くなりがち。

その是非はともかく、もっとヤバい予感しかない舞台を見つけてしまいました。

1980年代にブームを巻き起こした、『ビックリマン』のオリジナルストーリーによる舞台化です。

当時、僕もビックリマンシールを集める子供の1人だったので、舞台化のニュースに思わず反応しちゃいました。

嬉しいとか、ビックリではなく、「マジか・・」と。

というわけで、『ビックリマン~ザ☆ステージ~』をヤバいと思う理由を書いてみました。

舞台化のタイミング

『ビックリマン』が舞台化を知って真っ先に思ったのは、なぜこのタイミングなのか。

新たにアニメなどのメデイア展開があって、舞台化になるならわかるんですけどね。

『ビックリマン』マニアだけでなく、親子で楽しんでもらえる舞台にしたいようですが、子供に認知されていないキャラクターって興味すら持ってもらえないのではないでしょうか。

ストーリーが何ともいえない

ビックリマン世代の父親が家族を守るために、ビックリマンの世界で戦うハートフルなストーリー。

親子向けという体なので、家族モノになっているんでしょうけど、普通にスーパーゼウスやスーパーデビルがメインでも良かったかなと。

ビックリマンファンの大人は、懐かしいキャラクターたちに興味があると思いますから。

オリジナルストーリーにしなくても、アニメ版にあったコミカルなノリを活かせば、十分楽しめそうなんですけどね。

チケット代が高い

親子で楽しめる舞台という触れ込みですが、料金はファミリーに優しくないです。

特典付(非売品)指定席
9,300 円(税込)
※小学生以上有料、未就学児童入場不可※お一人様 1公演につき4枚まで※お申込み完了後の申込内容の変更・キャンセル等は一切不可となります。

出典:ビックリマン ザ☆ステージ公式サイト

上記にある特典が限定のビックリマンシールだろうと思いますが、仮にそうだとしても高過ぎやしませんか。

他のファミリー向け舞台の料金設定はどうなんでしょう。

  • アンパンマン
    全席指定3800円
  • スター☆トゥインクルプリキュア
    S席2800円

料金が大きく違うのは、着ぐるみと芸能人が出演する差なのでしょう。

とはいえ、親子で出演者の大ファンじゃないと購入するのかなって気がします。

ビックリマンファンのおじさんと、キャストのファンだけになるのではないでしょうか。

NHKのうたのお兄さん・お姉さんで活躍した人が出る方が、親子で来やすいかなと。

タイトルとURLをコピーしました