『チェンソーマン』第33話「作戦開始」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

週刊少年ジャンプ『チェンソーマン』、第33話のネタバレ感想を書きました。

コミックス3巻発売記念のセンタカラー!

1、2巻が続々重版しているので、3巻もイイ感じに盛り上がるといいなぁ。

表紙は、姫野先輩!よっ、眼帯美人!

では、ネタバレいってみましょう。

ここから、ネタバレとなります。

第33話「作戦開始」のネタバレ

第33話をまとめると、こんな感じに。

  • アキの戦線復帰
  • 襲撃犯がいるヤクザの組長に接触するマキマ
  • マキマの恐ろしさが露わに
  • 作戦のない対決が始まる

詳しくネタバレしていきます。

未来の悪魔と契約したアキは、銃の悪魔と戦う気持ちに変わりません。指導係に否定されても「俺が負けて死んだその時に笑いに来てください」とクールなセリフを吐くのでした。

別れ際「特異課にまともな奴がいないから気をつけな!」と言葉を贈られます。

場面は変わり、別荘でヤクザの組長と向かい合うマキマの姿が。

デンジらを襲った敵のボスに、銃の悪魔とどんな契約をしたか尋ねます。するとヘビ女の沢渡が黒幕で、2万円払い銃の悪魔と契約をしたと判明。

契約した人間の名前にも驚くほど協力的でしたが、他の組については拒否されました。

そんな対応は想定済みだったようです。組長や部下たちの家族や恋人の目玉を差し出し、協力したら元に戻せる人間を紹介すると無表情で告げます。

ここでシーンは、デンジの心臓を狙うヘビ女とサムライソードが待ち受ける建物に。

対するデンジたちに、最強のデビルハンターから「作戦はない」「特務課全員をビルにぶち込む」と殲滅への指示が出て話は終わります。

第33話「作戦開始」の感想

第32話に続き、マキマの印象が強い回でした。

特務課が襲撃され、淡々と敵を始末する姿を思い出させるほどですからね。

そんな凄さを見せつけていますが、悪魔から人を救うためだけに動いているのか?と疑問を持ちました。

なぜなら前話にて、最強のデビルハンターが「人間様の味方でいる内は見逃してやるよ」と言い、より悪魔から人を救えるとするマキマに「嘘つき」と指摘するシーンがあったからです。

彼はマキマが何かをしようと警戒しているのかもしれません。

サムライソードたちとの再戦が始まります。

デンジは特訓の成果をどう見せつけてくれるのか?

新しい力を得たアキや最強のデビルハンターにも注目したいですね。

そして、マキマは何をするのかも気になるところ。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

次のネタバレ感想はこちらです。

『チェンソーマン』第34話「全員集合」ネタバレ感想
タイトルとURLをコピーしました