『チェンソーマン』第36話「日本刀VSチェンソー」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴ(@blog_togo)です。

『チェンソーマン』第36話のネタバレと感想を書きました。

前回、前々回と出番のなかったデンジとパワーが登場します。

キケンな2人の戦いが始まる・・!

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第35話まとめ

幽霊の悪魔を繰り出す沢渡に苦戦するアキ。殺られると思われたが、攻撃が止まり姫川からのメッセージ(タバコ)を受け取る。幽霊の悪魔を倒し、沢渡は取り押さえた。

詳しくはこちらをどうぞ。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレになります。あらかじめ、ご了承ください。

『チェンソーマン』第36話「日本刀VSチェンソー」のネタバレ

第36話をまとめると、こんな感じに。

ネタバレ
  • パワーVSゾンビ
  • 人の心を失いしもの

詳しくネタバレしていきます。

パワーVSゾンビ

1階からエレベーターに乗るデンジとパワー。

ゾンビの腕をほおばるパワーに、「俺たちの仕事はサムライソードを捕まえることだ 捕まえても食うんじゃねえぞ」と注意します。

7階で扉が開くと、視界にはゾンビしか見えません。

大勢のゾンビがいるも、2人には気付いていない様子。「コイツら気づいてねえ・・ 大きな声出すなよ・・」とやり過ごそうとします。

しかし、「ワシの名はパワー!!」「コイツらなら勝てる・・勝負じゃ!!」と名乗りを上げてしまったのです。

襲いかかるゾンビを血の刃で、迎え撃とうとするパワーは「デンジ!!ワシについてこい!!後ろは任せるぞ!!」と呼びかけますが、呆れるデンジを乗せたまま扉が閉まります。

気付かず戦うパワーは、「ワシは逃げていない!!気高い!!美しい!!」とゾンビを仕留めていき、「パワーが一番最強じゃ!!」と叫ぶのでした。

人の心をなくしたもの

エレベータに残ったデンジは、胸のコードを手にし、悪魔化に備えます。

再び扉が開いた先に、サムライソードが部下と待ち構えていました。

「出たなモミアゲマン」と戦う気のデンジに対し、「まてまてまて 少し話さないか?」と意外な反応をみせます。

サムライソードは、部下や祖父を殺したデンジに償いを求めてきました。

「テメエのお仲間も爺ちゃんもゾンビなってたから殺したんだぜ」と言い返すデンジ。

ゾンビになっていたが、元は人間の彼らを殺して心が痛まないのかと問われても、「全ッ然」と気にしていません。

すると、沢渡によって心臓が刀の悪魔にされたような自分でも、ゾンビを殺した夜は眠れなくなると。

無表情のまま聞いているデンジに、「お前に限っては心がもう人じゃねえんだよ」「少しでも人の良心が残ってるなら俺達に大人しく殺されねえか?」と命による贖罪を欲するのでした。

「う~ん・・・ヤだ」とデンジは当然のリアクション。

「じゃあ斬り殺してやるよ!」「やってみろよばバァ~カ!!」と互いに悪魔化します。

チェンソーと日本刀のバトルは、ビルを突き破るほどの激しさを見せ、落下しつつ刃と刃がせめぎ合うのでした。ここで話は終わります。

ネタバレはこうなりました。

ネタバレ
  • パワーVSゾンビ
  • 人の心をなくしたもの

『チェンソーマン』第36話「日本刀VSチェンソー」の感想

パワーは相変わらずの面白さを見せてくれました。

1人で突っ走るも、サムライソードと戦ったときのビビった自分を払拭しようとしてるのかなと。

悪魔としての誇りみたいなのがあるんでしょうね、多分。

そのサムライソードは、デンジに人の良心とか言ってましたが、特異課の人たちを殺しまくったヤツらに言われたくないよ。

あと、学歴がないとすぐ嘘つくという謎理論もありましたけどね。

賢らしい人間だって嘘はつくでしょうに。

サムライソードが沢渡に悪魔化されたようなセリフ、偶発的じゃなくて、確実にできる方法があるのでしょうか。

仮にあるなら、そんな強敵が今後も出てくるのかもしれません。

いろいろ言いましたが、サムライソードなんてサクッと倒してくれ、デンジ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレはこちら。

タイトルとURLをコピーしました