『チェンソーマン』第38話「気楽に復讐を!」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴ(@blog_togo)です。

『チェンソーマン』第38話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第37話まとめ

ビルから落下したデンジとサムライソードは、近くを走る電車に舞台を移した。突然の悪魔から逃げていく乗客の中で、気を失ってしまった乗客をかばうデンジ。サムライソードの攻撃によって両腕を切り落とされるも、足のチェンソーで真っ二つにするのだった。

詳しくは、こちらをどうぞ。

サムライソードとの決着がついたデンジ。

めでたしめでたしとなるのでしょうか?

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレになります。あらかじめご了承ください。

『チェンソーマン』第38話「気楽に復讐を!」のネタバレ

第38話のネタバレは、こんな感じに。

ネタバレ
  • 大会を開くデンジ
  • 襲撃事件の顛末
  • 謎の夢|パワーの力(パワー)

詳しくネタバレしていきます。

大会を開くデンジ

デンジに真っ二つにされたサムライソードは、体が元通りになっていますが、捕縛されてしまいました。

敗れても、「ぶっ殺してやるうア!!」と吠えています。

負け犬の声はデケえなあ」と、嘲笑うデンジは、姫野を殺したサムライソードに納得がいかないのでした。

「ツラの良い美人がテメエのせいで世界から一人減ったんだ」という、デンジらしい理由です。

そんな美人を殺した張本人が反省もせず、一生を刑務所で暮らすことになるのが気にいらない。

内心穏やかではないはずですが、「お前には何もできねえだろ 公安の犬風情がよ」と、強がってみせます。

どうしたものかと考え込むデンジは、何かをひらめくと、「今から大会を開く」と言い出しました。

すると、タイミング良く(?)現れたアキに参加するか尋ねますが、アキは困惑してしまいます。

何を言っているのかと問われ、「コイツは姫野先輩を弾で撃った だからコイツもタマを撃たれるべきだろ」と、同意を求めるデンジ。

「だから大会を開く!」「お互いにコイツのキンタマを蹴っていって・・警察が来るまでに一番デケえ悲鳴を出させた奴の勝ち!」と、悪魔的なイベントを始めようとするのでした。

呆れたような表情をするサムライソード。

アキもそんな顔をしたものの、「ハア~~~」と大きく溜め息をつきます。

自分たちの仕事は捕まえることであって、憂さ晴らしじゃないし、姫野は喜ばないと窘めるのでした。

つまらなそうなデンジは、「あ そう」と一言だけ発します。

ふと、幽霊の悪魔から渡されたタバコを取り出し、「気楽に復讐を!」と書かれた部分を見つめるアキ。

そして、「なあ・・勝ったら何くれんだ?」と、ヤル気になったアキに、「へ!そりゃもちろんコイツの玉金よ!」と言いながら、人差し指と親指で丸を作るのでした。

時間が経ち、サムライソードの手下たちが連行されていきます。

近くにいた天使の悪魔が空を見上げると、あたりは夕暮れとなっていました。

大会が始まってから数時間、どこか爽やかにタマを蹴り続けて楽しむ2人に対し、グロッキーとなるサムライソード。

<姫野先輩 天国まで聞こえるか?オレたちからアンタへの鎮魂歌だ>と、大会を締めくくる悲鳴が空高く響くのでした。

襲撃事件の顛末

特異課が襲撃された事件の顛末を、上司に報告するマキマ。

発端は、元民間のデビルハンターだった沢渡で、銃の悪魔との契約や銃をヤクザに流したのも沢渡でした。

対価としてデンジの心臓を求めていたとのこと。

当然、なぜ心臓を欲していたのかという疑問が浮かびます。

上司に問われると、沢渡が自殺したと伝えるマキマ。

「銃の悪魔との契約で自動的に自殺したのかもしれません」と、推察するのでした。

しかし、より重要なのは、「今回の事件でビル内から銃の悪魔の肉片を1.4キロ押収」「我々公安が持っている5キロの肉片と合わせた結果 ついに肉片が本体に向かって動き出しました」と、銃の悪魔の所在についてだったのです。

「遂に・・か 何処に向かって動いた?」と、その動きを尋ねますが・・。

謎の夢|パワーの力(パワー)

どこかのドアの前に立つデンジ。

今よりも若い、ポチタと出会った頃の年ような姿をしています。

いつも見る夢だ・・いつも見ていつも忘れる夢・・>と、何度も見ている夢の中だったのです。

すると、ドアの中からデンジを呼ぶ声がします。

「あ・・ポチタ!ポチタ出てこいよ 夢の中くらい撫でさせてくれ」と、いつも見ているのに触れ合ってはいないようなことを言いました。

終いにドアを開けてしまうと感じたのか、「デンジ 絶対に開けちゃダメだ」と、釘を刺すポチタ。

夢から目が覚めたデンジは、まるで悪夢を見ていたほどの汗をかいていました。

大きく呼吸を整えていると、「なんじゃうるさいのお・・!」と、起こされてしまったパワー。

そんなパワーを見ると、なぜか悪魔の角が伸びていて、頭の側面からも生えてきていました。

夢が続いていると思ったデンジは、「ん~・・まだこれ夢?」と、自分の目を疑います。

「なに寝ぼけてるんじゃ!」と、わけのわからないパワーに殴られるデンジ。

本気で殴っている様子でないにも関わらず、デンジは床から天井に飛ばされてしまいます。

一発入れたパワー自身が、「なアんじゃこのパワーは!?」と、急に強くなった力に驚き、夢でないとデンジはうずくまるのでした。

 

ネタバレは、こうでした。

ネタバレ
  • 大会を開くデンジ
  • 襲撃事件の顛末
  • 謎の夢|パワーの力(パワー)

『チェンソーマン』第38話「気楽に復讐を!」の感想

今回で沢渡たちによる事件のケリはつきましたが、肉片が動き出した事実から、銃の悪魔の登場が近そうですね。

でも、いざ対峙して倒せるのか疑問に思ってしまいます。

マキマの契約している悪魔も強そうでしたけど、ちょっと次元が違うかなと。

最終的に、チェンソーの悪魔の力でブッた斬るとしても、異常な速度が問題なんですよね・・。

アキの未来の悪魔は、少し先の未来が見えるだけと悪魔自身は言ってましたが、本当かどうか怪しいかもしれません。

公安が厳重に管理している悪魔ですから、真の力みたいなのが出てくるのかなと。

悪魔といえば、パワーの力が増しているし、夢でのポチタが何をしようとしているのかも気になりますね。

久々にポチタが見たい!怖そうな形態になっちゃうのかしら。

デンジとアキのタマ蹴りコンビ、いい鎮魂歌を聞かせて、姫野が笑ってくれてたらいいなぁ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレは、こちらです。

タイトルとURLをコピーしました