『チェンソーマン』第41話「嵐の前」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

『チェンソーマン』第41話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第40話まとめ

自分のモヤモヤを解消してくれたマキマへの想いを誓うデンジ。

ひょんなことから出会った女性・レゼと急接近する。

レゼに好かれていると思い込むデンジは、誓いを立てたのに気持ちがブレてしまいそうになるのだった。

詳しくは、こちらをどうぞ。

レゼに気持ちが揺らいでしまいそうになるデンジですが、自分を好きになってくれる人が好きってのは変じゃないですよね。

あんなベタに傾くのは、さすがデンジって感じがします。

2人の関係がどうなっていくのか気になりますね。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレになります。あらかじめ、ご了承ください。

 

『チェンソーマン』第41話「嵐の前」のネタバレ

第41話のネタバレは、こうなります。

ネタバレ
  • アキの新たなバディは天使の悪魔
  • 体が勝手にレゼの元へ
  • 殺し屋と台風の悪魔

バディを失ったアキは、新たに天使の悪魔と組むことに。

実力は岸辺に次ぐとマキマに言われますが、仕事のやる気はゼロに近いです。

銃の悪魔の討伐遠征に加わるためでも、仲良くできそうにないアキ。

ちなみに、天使の悪魔は人間の寿命を吸い取り、武器に変えてしまう能力があるのでした。

アキが持っている刀も、その力によるものとマキマに教えられます。

一方、体が勝手にレゼの働くカフェに向かうデンジ。

学校の話から夜の学校を探検しに行こうとレゼに提案されます。

思わず面食らってしまうも、素直に応じるデンジでした。

そんなデンジたちに新たな脅威が忍び寄ろうとしています。

殺し屋のような男と台風の悪魔。

悪魔の目的は、やはりチェンソーの心臓です。

男は心臓を手にするために、デンジの近しい人間を狙うと思わせたところで話は終わります。

『チェンソーマン』第41話「嵐の前」の感想

アキと天使の悪魔がバディになりましたが、沢渡たちとの戦いで軽く接触していましたね。

寿命を吸い取り武器にしてしまうなんて、一石二鳥な能力だなと。

今後、チートな武器をアキが手にする可能性もありますね。

まずは、バディとして上手く付き合っていけないとですが。

レゼとデンジは進展ありな予感もしますが、本当に普通の人なのか疑っています。

仲良くなるにしても、夜の学校に探検に行くものかと思うんですよ。

新たな敵となる男たち、レゼをどうこうするように見せて彼女もグルかもしれません。

ただ、何が起きたとしても大人しくやられるデンジではないはずです。

敵が何を仕掛けてくるのか注目しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレは、こちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました