『チェンソーマン』チェンソーをどのように応用できるか考察

マンガ・アニメ

第48話にて、デンジの心臓を狙うレゼがこんなことを言いました。

「デンジ君 応用ができてないね」

「チェンソーぶん回すだけじゃダメだよ」

「もっと自分の力を理解しなくちゃ」

また、第49話ではビームが知っているチェンソーの応用を明かします。

「チェンソーのチェーン使って移動してた」

「チェーン飛ばして引っ掛けて建物から建物へ」

とはいえ、チェンソーの力は移動手段に応用できるだけなのでしょうか。

他にもチェンソーの応用があると思われるので、どんなことができそうなのか考えてみました。

チェンソーの応用を考察

チェンソーを飛ばす

1番わかりやすい方法ですが、チェーンを飛ばせるのならチェンソーも可能ではないかなと。

接近戦で使えれば、ガード不能な攻撃になります。

他には脚のチェンソーを射出する要領で、上空へ跳ぶなんて使い方もできそうです。

チェンソーから衝撃波を起こす

チェンソーが生えている腕や脚を高速で振るって、衝撃波を起こせるのではないかと。

『ONE PIECE』の嵐脚的な感じだと思ってください。

エンジンで高速回転するチェンソーから

チェンソーを伸ばす

頭・腕・脚に生えるチェンソーですが、伸ばすこともできるのではないでしょうか。

チェンソーの悪魔と言うぐらいですから、こんな使い方ができても不思議ではありません。

チェンソーで振動を起こす

チェンソーを地面に突き刺し、持ち前の高速回転で振動を起こす。

地割れを起こしたりできそうです。

両腕を旋回させ攻撃する

両腕を広げ旋回させることで、竜巻のようになって攻撃する方法。

普通にチェンソーをブン回しているより、広範囲&高威力の攻撃になるでしょう。

別の部位からもチェンソーを生やす

腕や脚からチェンソーが生えるのですから、指や背中などから生やすこともできるかもしれません。

背後から不意打ちをされても、背中で対処できます。

チェーンをムチのように使う

チェンソーのチェーンを外し、トゲ付きのムチとして使います。

攻撃だけでなく、捕縛にも有効かなと。

タイトルとURLをコピーしました