『チェンソーマン』アニメ化決定はいつ?最速で2020年秋?

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

週刊少年ジャンプ、2019年52号にて『呪術廻戦』のアニメ化決定が発表されました。

すみません、『呪術廻戦』を語るわけではありません。

同じくジャンプで連載中の『チェンソーマン』も、「アニメ化決定するのでは」という話です。

「まだ1周年迎えたばかりのマンガでしょ?」と思ったあなた、早ければ2020年にアニメ化が決定するかもしれませんよ。

『チェンソーマン』がアニメ化される可能性を考えてみました。

『チェンソーマン』は2020年にアニメ化決定する?

2019年11月末の現在、ジャンプの連載陣でアニメ化している作品をみてましょう。

  • ONE PIECE
  • 鬼滅の刃
  • 僕のヒーローアカデミア
  • 約束のネバーランド
  • ハイキュー!!
  • ブラッククローバー
  • 僕たちは勉強ができない
  • ゆらぎ荘の幽奈さん
  • Dr.STONE

さすが天下の少年ジャンプと言ったところでしょうか。

9作品が既にアニメ化されています。

そして、先に記したとおり『呪術廻戦』もアニメ化されることになりました。

では、次にアニメ化される作品は何が考えられるでしょうか。

  • アクタージュ act-age
  • チェンソーマン

上記2作品は、『アクタージュ』が連載約2年を迎え、『チェンソーマン』は1周年となりました。

残った連載作品は、まだ1年も続いていないため除外。

あと1年続けば、『チェンソーマン』のアニメ化は堅いはずです。

『呪術廻戦』と『Dr.STONE』は、90話未満でアニメ化が決定しました。

そう考えると、最速で2020年の秋にアニメ化が発表される可能性があります。

ジャンプの事情的にもアニメ化する?

2019年11月末現在、下記の作品が最終章です。

  • 鬼滅の刃
  • ハイキュー!!
  • 約束のネバーランド

そして、ネットニュースでは『ONE PIECE』の連載が残り5年という話が出てきました。

ジャンプの大黒柱である、『ONE PIECE』はもちろん、最終章を迎えている上記3タイトルも看板マンガです。

人気作が終了することは、売り上げに影響します。

となると、次の看板を育てなければなりませんよね。

『呪術廻戦』、『Dr.STONE』、『アクタージュ』が順調に人気を獲得しているので、『チェンソーマン』も大いに期待されているはず。

アニメ化されれば、作品およびジャンプの認知度が上がるだけでなく、単行本・ジャンプ本誌の売り上げアップにも繋がります。

ジャンプの事情から考えてみても、『チェンソーマン』のアニメ化はあり得るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました