『チェンソーマン』第42話「泳ぎ方を教えて」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

『チェンソーマン』第42話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第41話まとめ

アキは天使の悪魔とバディになったが、上手くつきあえそうにない。

レゼの働くカフェに通うデンジは、夜の学校に探検することに。

チェンソーの心臓を狙う台風の悪魔と契約者が現れる。

詳しくは、こちらからどうぞ。

レゼに惹かれていくデンジは、彼女とどうなってしまうのか。

台風の悪魔たちの動きも気になりますね。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレになります。あらかじめ、ご了承ください。

『チェンソーマン』42話「泳ぎ方を教えて」のネタバレ

第42話のネタバレは、こうなりました。

ネタバレ
  • マキマを裏切るデンジ
  • 田舎のネズミと都会のネズミ
  • 敵と遭遇してしまうレゼ

もう少し詳しくネタバレします。

夜の学校に忍び込むデンジとレゼ。

普通の学生みたいに授業っぽいことをして楽しむのでした。

デンジが小学校すら行ってない話から、レゼはデンジの生活や公安に疑問を持ちます。

深く考えてこなかったデンジには、難しく感じたのか考えすぎて頭が熱くなってしまいました。

そんな頭を冷やすためにも、プールで泳ごうとするレゼ。

しかし、デンジはあまり泳げないため乗り気ではありません。

すると、「泳ぎ方 教えてあげる」と泳ぐために裸になり、デンジにも脱ぐように求めます。

<ここで脱いだらマキマさんを裏切る事になっちまう>と躊躇いますが、裸でプールに飛び込むのでした。

雨が降り出したため、教室に戻る2人。

ここでレゼがイソップ話の田舎のネズミと都会のネズミの話をします。

なぜか、同じタイミングで天使の悪魔もアキにネズミの話をしていました。

天使の悪魔は、田舎のネズミ方がよく、都会で危険な目にあいたくないと言います。

デンジは、安全よりもウマい飯を食べられるし、楽しそうという理由で都会の方を選ぶのでした。

単純明快な思考のデンジを面白いと感じたのか、近くの祭りにデンジと行くことに。

トイレに行くと出て行ったレゼを見て、「超糞かわいい・・」と本音が漏れます。

しかし、レゼの背後から台風の悪魔と契約した男が現れてしまうのでした。

そんなピンチだと夢にも思わないデンジは、想い人が2人になって悩んでしまいます。

ここで、話は終わります。

『チェンソーマン』第42話「泳ぎ方を教えて」の感想

レゼがマキマと並んでしまうところに来てしまいましたね。

全く抵抗できていないデンジが面白すぎます。

思春期の男子があの場面で、飛び込まない選択はないでしょう。

イソップ話で、正反対のネズミを選んだ天使の悪魔とデンジ。

危険はごめん被りたい天使の悪魔が、どうやって協力するようになるのか気になりますね。

銃の悪魔が討伐されたら自由になるとかでしょうか。

そして、思ったより早く接触してきた台風の悪魔の契約者。

次の話でレゼが本当に普通の人間かわかりますね。

もし、一般人ならピンチでしかありません。

デンジがどれだけブチ切れてしまうのか、この先の展開に期待したいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレは、こちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました