『チェンソーマン』第43話「ジェーンは教会で眠った」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

『チェンソーマン』第43話のネタバレと感想を書きました。

この43話は連載スタート以来の巻頭カラー!

まずは前回をふり返ってみましょう。

第42話まとめ

深夜の学校探検を楽しむデンジとレゼだったが、台風の悪魔と話していた男がレゼの前に現れた。

詳しくは、前回のネタバレ感想をどうぞ。

レゼが普通の人で絶望的な状況になってしまうのか。

実はタダ者でないのか気になるところです。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレとなります。あらかじめ、ご了承ください。

『チェンソーマン』第43話「ジェーンは教会で眠った」のネタバレ

第43話のネタバレは、こんな内容です。

ネタバレ
  • 瞬殺するレゼ
  • レゼは人間?悪魔?
  • 逃避行が始まるのか

もう少し詳しくネタバレします。

突然現れた不審者まる出しの男から逃げるレゼ。

意味がわからないレゼに、男は「ネズミを表に誘き寄せる為のチーズ」と説明するも、全く理解されません。

レゼを傷つけようと襲い掛かる男でしたが、同時にレゼに飛びつかれ、腕で首を極められてしまいます。

男は抵抗しようとするも、何もできないまま返り討ちに。

激しい雨の中、ロシア語で歌を唄うレゼ。

ふと、近くの排水口を見て「嵐で学校に閉じ込めたのキミでしょ台風」と台風の悪魔に話しかけるのでした。

すると、「レゼ様ガイタトハ知リマセンデシタ」とレゼを知っているどころか「様」と呼ぶのです。

始末した男のことも台風の悪魔が絡んでいると判断し、「今回の事を見逃すからしばらく私に服従ね」と要求します。

何事もなかったようにデンジの前に戻るのでした。

学校で話していた近くの祭りに行くデンジとレゼ。

2人っきりになると、デンジの状況がおかしいという話をレゼが改めてします。

そして、デンジの手を握り、こう訴えるのでした。

「仕事やめて・・私と一緒に逃げない?私がデンジ君を幸せにしてあげる 一生守ってあげる お願い」と。

ここで話は終わります。

『チェンソーマン』第43話「ジェーンは教会で眠った」の感想

やはりレゼは普通の人間ではなかったようですね。

台風の悪魔を知っていたり、台風から「レゼ様」と呼ばれるってことは・・、悪魔サイドの者かなと。

ただ、台風の悪魔と同じくチェンソーの心臓を狙っているのでしょうか。

あの不自然な急接近を考えると、目的がないと言うのは無理がありますね。

ん~ここでレゼも心臓をよこせ!ってなるのか、本当に公安からデンジを保護しようとするのか気になるところ。

もし、レゼと逃げたら処分対象と見なされ、マキマたちに追われるはめになってしまいます。

レゼの提案を拒んだら、レゼと戦う流れになるんだろうなぁ。

マキマとレゼの間で揺れるデンジが、どちらを選ぶのか楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレは、こちらです。

タイトルとURLをコピーしました