『チェンソーマン』第44話「バンバンバン」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

『チェンソーマン』第44話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第43話まとめ

デンジの心臓を奪うため、レゼを傷つけようとする男が現れるが、レゼに瞬殺されてしまう。

男と行動を共にしていた台風の悪魔に「レゼ様」と呼ばれる。

敵か味方かわからないレゼは、仕事を辞めて一緒に逃げようと話すのだった。

詳しくは、こちらからどうぞ。

レゼもデンジの心臓を狙う悪魔なのか!?

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレとなります。あらかじめ、ご了承ください。

『チェンソーマン』第44話「バンバンバン」のネタバレ

第44話のネタバレは、こんな感じです。

ネタバレ
  • デンジの本音
  • 心臓を狙うレゼ
  • レゼの正体は爆弾の悪魔?

もう少し詳しくネタバレしますね。

デンジの本音

遠くへ逃げようとレゼからの提案に戸惑うデンジ。

理由をたずねると、「だって私・・デンジ君が好きだから」と告白するのでした。

しかし、デンジは大喜びするどころか悩んでしまいます。

理由は仕事であるデビルハンターについてでした。

最近認められてきたこと、パワーやアキと仲良くやれるようになり、仕事の目標が見つかったことをレゼに話します。

そして、「ここで仕事続けながらレゼと会うのじゃダメなの?」とレゼの提案に乗らない意思表示をするデンジ。

この発言からデンジが悩む本当の理由を見抜き、自分の他に好きな人がいるかと尋ねます。

不意な問いをしたかと思ったら、突然デンジにキスをするのでした。

心臓を狙うレゼ

熱烈なキスをされ、デンジが倒れてしまったかのように見えましたが、レゼに舌を噛み切られていたのです。

さらに、ノドを斬りつけられ、胸のコードを持った腕を切断されてしまいました。

声も出せないデンジに再びキスをし、「痛いね?ごめんね?デンジ君の心臓貰うね?」と自らも心臓を欲する現実を突きつけるレゼ。

レゼの正体は爆弾の悪魔?

もはや抗えないデンジを救ったのは、サメの悪魔であるビームでした。

匂いでレゼの正体に気付いたビーム。

「アイツ ヤバいですチェンソー様!あん匂いあいつボムだああああああ!」とわめきながら逃げます。

ボムと言われたレゼは、「ボンっ」と爆弾のごとく栓を抜き、自分の頭部を爆発しました。

すると、爆弾のような頭部が現れ、レゼの真の姿が露わになります。

デンジを抱えて逃げるビームを見下ろし、「泥棒」とひとこと。

そして、爆破の勢いでビームに襲いかかるのでした。

ここで話は終わります。

『チェンソーマン』第44話「バンバンバン」の感想

やはりレゼは悪魔側だったんですね。

展開が急すぎるから、誰でも怪しいと思ったのではないでしょうか。

普通の女子がデンジに接触しても、レゼのようになるはずないですし。

ビームのセリフに「ボム」とあったように、レゼは爆弾の悪魔なんですね。

同じ悪魔があんなにビビるって相当ヤバい悪魔なのか。

とりあえず、肝心の心臓を奪われずにすみましたが、レゼからどう逃げ切るか注目したいところ。

ピンチにマキマが登場して、レゼと戦ったら面白いと思いませんか。

レゼはデンジに危害を加えたけれど、最終的に仲間になるのかなと考えています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました