『チェンソーマン』第45話「爆発日和」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

『チェンソーマン』第45話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第44話まとめ

レゼの正体は、ボムと呼ばれる爆弾の悪魔だった。

詳しくは、こちらからどうぞ。

絶体絶命のデンジとビームは、レゼから逃げ切れるのか。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレとなります。あらかじめ、ご了承ください。

『チェンソーマン』第45話「爆発日和」のネタバレ

第45のネタバレは、こうなります。

ネタバレ
  • ビームVSレゼ
  • レゼは○○の仲間

ビームVSレゼ

爆風で一気に追いつかれてしまうビーム。

問答無用の攻撃に吹き飛ばされてしまいます。

デンジをかばうビームに、「今デンジ君を置いて逃げるなら見逃すよ」と持ちかけました。

しかし、敵意をむき出しにしてレゼに向かっていくビーム。

一矢報いることもなく、爆破を直撃されて丸コゲにされてしまいます。

そんな戦闘に民間のデビルハンターが出くわしますが、何もできず消し飛びました。

ビームは、彼らがやられている隙に、デンジを連れて逃げます。

レゼは○○の仲間

ビームが襲撃されている頃、アキは公安2課の施設で稽古をつけていました。

アキが2課にいたときの先輩・野茂に頼まれたからで、「野茂さんの頼みは断れません」とのこと。

用事が終わり、帰ろうとするアキを野茂が呼び止めます。

アキがいる施設にビームが特異課だと、うめいていたからでした。

ビームが抱えてきたデンジも重体な様子から、悪魔にやられたのかたずねるアキ。

すると、「ボムが来る・・!ボム・・銃の悪魔の・・仲間!」と思いもよらないことを耳にします。

直面しているであろう脅威よりも、なぜビームがそんな情報を知っているのか訝しむアキ。

脅しを交えてビームを問い詰めますが、返ってきた答えは「話したら殺される・・!マキマ様と約束・・!」というものでした。

そこへデンジを取り戻さんと、レゼがやって来ます。

アキたちを下がらせて対応しようとする野茂。

すんなりいかないと判断したレゼは、「皆殺しコースかな」と撃針を抜こうとするのでした。

ここで話は終わります。

『チェンソーマン』第45話「爆発日和」の感想

第45話では、重要なことが判明しましたね。

  • レゼ(ボム)が銃の悪魔の仲間
  • マキマは何かを隠している

銃の悪魔の仲間であると、なぜビームが知っていたのか。

マキマが教えたというより、姿や匂いを認識していた点から考えると、以前から知っていたと思われます。

ビームがデンジを「チェンソー様」と知っていたことと関係しているかもしれません。

そのあたりの情報をマキマも把握しているはずです。

だから、自分と繋がっているビームをデンジの側に置いたとしても、不思議ではありません。

銃の悪魔もチェンソーの心臓を狙っているということなのか。

次回は、レゼと野茂・アキのバトルになると予想されます。

といっても、野茂は早々にやられてしまいそうな気しかしませんけどね。

そして、レゼVSアキ・天使の悪魔となるんでしょうが、天使の悪魔が本気になるか注目したいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレは、こちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました