『チェンソーマン』第46話「皆殺しのメロディ」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、トウゴです。

『チェンソーマン』第46話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

第45話まとめ

レゼは、銃の悪魔の仲間だった。

詳しいネタバレは、こちらからどうぞ。

デンジを取り戻そうと迫るレゼ。

対する野茂たちは、レゼを迎え撃つことができるのでしょうか。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレとなります。あらかじめ、ご了承ください。

『チェンソーマン』第46話「皆殺しのメロディ」のネタバレ

第46話のネタバレは、こうなります。

ネタバレ
  • 2課を圧倒するレゼ
  • 逃げるアキたちの前に現れたのは・・

2課を圧倒するレゼ

デンジを連れ戻そうとするレゼと、逃がそうとする野茂ら2課。

先に仕掛けたのは、2課の「加藤・田辺」という男たちでした。

悪魔との契約らしき行為をして、何かを仕掛けるとレゼの鼻と口から血が垂れます。

2人がレゼの体内にカビを生やしたのでした。

しかし、そんなことに構わず撃針を抜くレゼ。

爆破で落ちた首を2課の施設に投げ込み、悪魔の姿になります。

レゼを追いかけようとする野茂でしたが、目の前に首なしで動くレゼが向かってきました。

狐の悪魔で攻撃するも、造作もなくかわされ、抱きつかれて爆破されてしまいます。

施設内では、悪魔化したレゼが2課の人間たちを、圧倒的な力で葬っていくのでした。

逃げるアキたちの前に現れたのは・・

自爆でやられたかに見えた野茂や副隊長が、レゼの進撃を阻もうとします。

一方、アキたちは、車で逃げようとするところでした。

重体のデンジとビームに血を飲ませるように、天使の悪魔に命令するアキ。

その時でした。

畜生・・勝手にヤな未来見せやがったな・・」とアキがつぶやきます。

アキが契約している未来の悪魔の仕業でした。

彼が見た未来は、車のヘッドライトが点くと判明してしまいます。

車の前に現れたのは、野茂と副隊長の首を手にするレゼでした。

ここで話は終わります。

『チェンソーマン』第46話「皆殺しのメロディ」の感想

今回の話は、「そうなるよね」という予想通りの展開でした。

アキを逃がした野茂たちが、見事にやられたことです。

強キャラであろうレゼと戦うには、力不足だった感じが否めません。

容赦なく爆破させる悪魔なんて、どうすりゃいいのって話なんですけどね。

アキが戦うにしても、野茂たちのようになる可能性が高いと思われます。

そうなると、残る戦力は、天使の悪魔だけ。

やる気がない悪魔とはいえ、死ぬのは嫌なはずですから、しぶしぶ戦うことになるんじゃないかなと。

もしくは、天使の悪魔の血を飲んだデンジが復活するかもしれません。

デンジが極限状態になったときに、夢で見たポチタがいる扉が開き、さらなる力に目覚めるという熱い展開も期待できそうです。

マキマに動きがあるかどうかも注目したいところ。

次回、どんな壮絶なバトルになるのか楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次のネタバレは、こちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました