『チェンソーマン』第52話ネタバレ感想|レゼの命とデンジの恋が散る

マンガ・アニメ

週刊少年ジャンプ連載の『チェンソーマン』第52話のネタバレと感想・考察を書きました。


レゼとの戦いに勝利したデンジは、レゼを生き返らせ共に逃げようと持ちかける。

結局1人で去るレゼに待ち合わせを伝えたデンジ。

逃亡の覚悟を決めたデンジは待ち合わせ場所に向かうのだった。

続きは『チェンソーマン』第52話のネタバレをご覧ください。

ネタバレの後に感想・考察もあるので、

最期まで読んで頂けたら幸いです。


前回・第51話についてはこちらをどうぞ。

ここから『チェンソーマン』第52話のネタバレになります。あらかじめご了承ください。

『チェンソーマン』第52話のネタバレ

『チェンソーマン』第52話、

「失恋・花・チェンソー」のネタバレです。

秘密の部屋のモルモット

警官がレゼ戦の後始末をする傍らで、様子を見守るアキと岸辺。

ふと岸辺が意味あり気に、

「ソ連の母親が子供を叱る時にするおとぎ話がある」

と恐ろしい話を喋りはじめます。

  • 軍の秘密の部屋
  • 部屋には親のない子どもだらけ
  • 自由はなく人体実験させられる

とおとぎ話らしい内容でしたが、アメリカのジャーナリストが秘密の部屋は実在していると明らかにしたとのこと。

そして、

「デンジが引っ掛かったのはその部屋の一人だ」

「ソ連が国家に尽くす為作った戦士・・」

「モルモットと呼ばれる連中だ」

とレゼがモルモットであることが判明します。

待ち合わせに向かうレゼ

街頭の募金で一輪の花を受け取るレゼ。

その花はデンジと出会った日、デンジが手品で見せた花でした。

新幹線で逃げようとしたのかホームで花を見つめ、待ち合わせの喫茶店に向かおうと引き返します。

歩き慣れた道を進み、喫茶店へと通じる路地裏から店が見えた瞬間、どこからともなく大量のネズミがやって来るのでした。

マキマと田舎のネズミ

おびただしい数のネズミはやがて群がるように山をなします。

警戒するレゼの前に、ネズミの山から湧いてきたようにマキマが現れました。

レゼに銃の悪魔について問いただす訳でもなく、

「私も田舎のネズミが好き」

とレゼがデンジに聞かせたイソップ話に出てくる田舎のネズミが好きな理由を語りはじめます。

その理由は独特で、犬がネズミを噛み殺して駆除する様子を見ていると安心するから。

ネズミというのは駆除される悪魔も同じなのか、上から武器で腕を切断されたレゼを見て、

「だから田舎のネズミが好き」

と無表情に語るマキマ。

天使の悪魔と散りゆくレゼ

片腕になったレゼは一瞬でマキマの背後を取るも、再び上空から武器で攻撃されてしまいます。

路地裏に面しているビル屋上には、次に放つ武器を手にする天使の悪魔の姿が。

悪魔になろうとピンを抜こうとしますが、マキマに制され復活がかなわなくなったレゼ。

命が尽きようとするレゼが最後に思ったのはデンジのこと。

<なんで・・初めて出会った時に殺さなかったんだろう>

<デンジ君ホントはね私も学校いった事なかったの>

そして、目に涙を浮かべ血溜まりの中で息を引き取るのでした。

天使の悪魔の優しさ

レゼの絶命を確認したマキマは屋上にいる天使の悪魔に、

「アキ君と一緒に来てっていったのに」

「アキ君に女の子を殺させたくなかったんだ」

「優しいね」

とアキを同行させなかったことをボヤきます。

マキマの指摘が正しかったのか、

「・・まあ天使ですから」

と天使としての一面を見せるのでした。

待ち人来ずパワーご来店

目と鼻の先でレゼが死んだなど知る由もなく、花束を抱えて待ち続けるデンジ。

気づけば店を閉めるほど遅い時間になっていました。

そのとき店の扉が開き思わずレゼかと反応しますが、

「パパパパワー!!」

と血抜きのためデンジから離れていたパワーが来店。

血の飲み過ぎで大きくなった角は元通りとなり、

「なあんじゃその花!?」

「ワシに似合いそうじゃのお・・!」

「差し出せ!!」

と相変わらずのパワー節でデンジを呆れさせてしまいます。

そんなパワーを見て感傷にひたるのがバカらしくなったのか、手にしていた花を食べるデンジでした。

第53話に続きます。

『チェンソーマン』第52話の感想・考察

まずはソ連が人体実験で悪魔化する人間・モルモットの存在が明らかになりました。

第6話でマキマより上のお偉いさんが、ソ連に悪魔を軍事利用している噂があると言っていた通りに。

人工的に悪魔化できる人間を生み出せたなら、強力な兵器として使わない方が不自然かもしれませんね。

レゼがデンジを狙っていたのも国からの命令であれば、第2・第3のモルモットが送り込まれてくるでしょう。

そうなる前に銃の悪魔の討伐遠征としてソ連に行き、全面対決となる可能性が出てきそうですね。

銃の悪魔の仲間と言われたレゼは1人で逃げようとしましたが、あえて戻る道を選びました。

デンジのように恋してしまったというより、単純に一緒にいた時間が楽しかったのかなと思います。

はじめて会ったあの日、デンジを殺せなかったのはなぜなのか。

デンジからも出会った日のことは言われましたが、答えられなかったのは心のどこかで楽しんでしまった自分がいたからかなと。

おそら多くの命令をこなす中で、ターゲットとなる人物にデンジのようなブッ飛んでいる人はいなかったはずです。

だから行動するまでに時間をかけてしまったのかもしれませんね。

あと、なんだかんだ言って一緒に逃げようとしてくれたのが嬉しかったんじゃないかと思います。

浜辺にデンジを残したのは自分と逃亡したら間違いなくデンジも駆除されてしまうから、そこに付き合わせたくない気持ちがあったのかもしれません。

引き返したレゼは、最期に自分の気持ちに正直になれたのではないでしょうか。

でも、逃げていたらなんとかなったかも微妙なところ。

マキマがレゼをマークしていたかのような現れ方をしましたから、殺される場所が変わるだけだった気がします。

となると、深夜の学校でレゼがイソップ話をしたとき、天使の悪魔も同じ話をしたのはレゼの話を盗み聞きしていた可能性も。

マキマがレゼに向かって「私も田舎のネズミが好き」と言ったのはそういうことなのかもしれませんね。

それとも屋上にいた天使の悪魔への見せしめとしてレゼを始末させたのでしょうか。

天使の悪魔も田舎のネズミがいいと言っていましたから、あまり怠けてばかりいると君も駆除するよというメッセージとも受け取れます。

マキマは女の子を殺させたくないからアキを連れてこなかったと言いましたが、マキマの恐ろしい部分を見せたくないという理由もありそうです。

いつもの気だるさを感じさせない姿を見せた天使の悪魔。

4課で岸辺の次に強いというのも本当だと思えるぐらい力のある悪魔なんだと感じました。

武器を使う点ではパワーと同じですが、血を使い過ぎて貧血になるパワーに対し、特にデメリットなく武器を使えているように見えます。

しかも、アキの刀のように特殊な力が付与されているとしたら、相当な強さになるのではないでしょうか。

今のところ複雑な武器を見せていないため、見るからにヤバそうな武器が出てこないか期待したいところ。

最後に血抜きからパワーが戻ってきましたね。

マキマが自ら行っているそうですが、そこまで重要度が高いのかと気になってしまいます。

以前は全国あちこちに行くほど忙しいと言われていたマキマがしなくても、他にも優れた人はいそうなものなんですが。

血の魔人であるパワーの血は、悪魔の中でも特別な血なんてこともあり得るかもしれません。

そんなレアな血を定期的に保存して何かに利用しようとしている、もしくは利用しているとも考えられます。

どうしてもマキマが関わっているだけで意味がありそうな気がしてしまいますし、マキマが血抜きをしなくてはいけない必然性があると思えません。

とりあえずパワーが復活してくれて何よりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



次のネタバレはこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました