『チェンソーマン』第59話ネタバレ感想|迫る人形と不吉なプレゼント!

マンガ・アニメ

週刊少年ジャンプ連載『チェンソーマン』第59話のネタバレと感想・考察を書きました。

続きは『チェンソーマン』第59話のネタバレをご覧ください。

感想・考察もあるので、最後まで読んで頂けたら幸いです。

前回・第58話についてはこちらをどうぞ。

ここから『チェンソーマン』第59話のネタバレになります。あらかじめご了承ください。

『チェンソーマン』第59話のネタバレ

『チェンソーマン』第59話、

「めちゃくちゃ」のネタバレです。

サンタの人形を片付けるマキマ

廃ビルに横たわる無数のサンタクロースの人形。

残骸となった人形の側にはマキマの姿が。

「サンタクロースが日本に来たみたいだね」

「私はもう少し人形を片付けます」

「ビームはデンジ君を助けにいって」

サンタクロースの襲来に動揺せず、ビームに命令を下すマキマ。

デンジのところに馳せ参じられると、床からビームが喜び勇むのでした。

「プリンシ」

「はいマキマ様」

マキマが何者かの名を呼ぶと、ビームと同じ特異課の隊員である蜘蛛の悪魔が天井から姿を見せます。

「ドイツはいろんな悪魔を飼っているからサンタが何をしてくるかわからない」

「どうなってもデンジ君だけはどうにか助け出して」

マキマが警戒しなければならない相手だからこそ、何があってもデンジを奪われないようにプリンシに命令しました。

「それと今回はおそらく大勢死ぬけれども できるだけ仲間の死体だけは回収して」

仲間や一般人が死ぬとわかっていても、ただただ冷静なマキマ。

人形を石化させる石の悪魔

雑居ビルのカフェでコーヒーを飲むサンタクロース。

視線の先には昼飯にしようと、デパートに入っていくデンジたちがいました。

「デパートに入ったらヤれ」

すぐ後をつけていた人形たちに号令を下すサンタクロース。

すると、腕が鋭い武器となった人形たちがデパートに侵入していきます。

人形を待ち構えていたかのように、魔法陣の中心にしゃがむ日下部。

フッと人形に向けて息を吹きかけると、触れた人形が石になってしまいました。

「アイツらみたいにされたくなかったら離れてろ」

「石の悪魔は気まぐれだ」

石になって驚くデンジにタネ明かしをする日下部。

冷静に対処する日下部と玉置

「人形の悪魔だ・・」

「服にでも触られたら人形のお仲間になっちゃうぜ」

デンジに独特の口調で注意を促す吉田。

なぜ人形が来るとわかったのか、天使の悪魔が疑問を投げかけました。

「近くにいる人達の足音が規則的すぎた」

「観察すればわかるが人間の歩き方はもっと個性が出る」

対人護衛のエキスパートらしい洞察力を示す玉置。

「ドイツのサンタが来ることはマキマさんから聞いていたんだ」

「後は警戒と対策を怠らなければ・・」

敵の情報があるだけマシだと言わんばかりに、日下部が再び人形に息を吹きかけるのでした。

サンタの人形は限られている?

「キメえなあ どんだけいるんだコイツら」

石にされて砕ける人形に辟易するデンジ。

直感的にまだいるのかと思ってしまったようです。

「サンタがどういう契約をしているかわからないが・・」

「強い悪魔には強い契約が必要・・」

「人形にできる数は限られているはずだ・・」

自身も悪魔と無茶な契約をしているアキが、実感のある考えを述べました。

しかし、目の前に大量の人形が雪崩れ込んできてしまい、階段で2階へ逃げる一同。

人形にされないパワー

必死で2階へと駆け上がるも、すぐ後ろには無数の人形が迫っています。

「おい!石にしろよ石に!!」

「数が多すぎる!陣の上でしか無理だ!」

すかさず、人形を石にしろと言うデンジでしたが、石の悪魔の力は魔法陣の上でないと使えないと答える日下部。

そのとき最後尾にいたパワーが人形に触れられてしまいました。

「パワー!!」

「オラあ!!」

パワーに触れた人形に跳び蹴りを喰らわせるデンジと、なぜか人形を血の鎌で攻撃するパワー。

動けているパワーを目の当たりにした日下部が驚き、ビビらせておいて人形にならないことにデンジとパワーが文句を言います。

「なるほど!」

「人形にされるのは人間だけだ!魔人は大丈夫なのか!」

情報のない事象に戸惑いつつ、自らを納得させる日下部。

「オレは!?俺は大丈夫!?」

実際にパワーは大丈夫だとわかりましたが、純粋な人間とはいえないデンジは不安のままでした。

緊迫した状況で現れる2課の中村ア!!

パワーが人形の影響を受けないのは朗報でも、全ての人形の相手をできるわけではありません。

再び人形がデンジに迫ってきたとき、常に落ち着き払っている玉置が叫びます。

「中村ア!!ヤれ!!」

そう号令され、どこからともなく現れる中村。

「押忍!」

「ウオオオオオ!!」

「コオン!!」

明らかに体育会系と思われる返事をした中村は、狐の悪魔で人形を一掃してみせるのでした。

意気揚々と飛び出てきた中村でしたが、デンジやアキから「誰?」と言われてしまいます。

近付くサンタとの戦い

「この数日間デンジ君たちの巡回ルートにあるビル全てにデビルハンターを複数人配置していた」

「被害を抑える為にも短気決戦で戦いたかった」

中村が配置されていた理由を話す玉置。

「人形へされた人間は二度と元に戻れないからな・・」

「サンタから逃げるのではなくヤツを殺しておきたかったんだ・・」

サンタクロースに好き勝手させていたら、多大な被害を及ぼしてしまうので、何としても倒さなければならないのです。

「この数日間 囮に使って・・すまなかったデンジ君」

玉置の言葉からは、大物サンタを早めにおびき出したかったと感じられました。

「人形は近くでしか操れない・・」

「サンタは近くにいるぞ」

「今日で全て終わらせる」

サンタとの決戦が間近だと、日下部が気を引き締めさせます。

戦いの舞台に集いし者たち

「そろそろ騒がしくなりますね・・」

デンジたちのいるデパート屋上にて、自分たちが参戦するタイミングを伺うトーリカの師匠。

反応を示さないトーリカは師匠に課された呪いの釘を握ります。

人形の騒ぎで客にデパートから避難を促すアナウンスが。

デパートの個室トイレには銃を握り、

「俺は不死身だ 俺は不死身だ 俺は不死身だ・・」

呪文のように死んだ兄の言葉を唱えるのでした。

「そろそろプレゼントするか・・」

デパートを見つめ、不吉なプレゼントを仕掛けようとするサンタ。

デンジたちの前には、さきほどとは比べものにならない数の人形が駆けつけてきます。

一方、中国のクァンシ一行はホテルでくつろいでいるのでした。

第60話に続きます。

『チェンソーマン』第59話の感想・考察

謎だらけのマキマに始まり、人形との戦いや中村といった見どころの多い回でした。

まずは、大量の人形を片付けたマキマ。

倒れている人形たちは、新幹線で襲撃犯を始末したときと違う悪魔の力を使われたみたいですね。

襲撃犯は体を貫通された跡がありましたが、人形にはそのような描写はありませんでした。

マキマは超強力な悪魔をまだ温存していると思うので、今後どんな力を見せてくれるか楽しみです。

そんなマキマの側には、ビームと名前が判明した蜘蛛の悪魔・プリンシが。

「マキマ様」と呼び、他の人外隊員よりもマキマに服従しているようでしたね、今回見せた姿が本音かどうかはわかりませんが。

ひょっとしたら、暴力の魔人のようにマキマに助けられた恩義があるのかもしれません。

あるいは強大な力を有するマキマに畏敬の念を抱いているのでしょうか。

マキマがデンジ救出を任せたことを考えると、実力・忠誠心などを評価しているのかなと。

おそらく混戦となる中、プリンシがデンジを助け出せるのか注目ですね。

マキマは刺客との戦いで多くの仲間が死ぬと思っているようですが、ビームやプリンシだって殺られないとはいえません。

どちらもデンジの近くにいるのであれば、必然的に死と隣り合わせになってしまいますからね。

デンジたちはサンタの人形に襲われました。

日下部の石の魔人は強力ですが、魔法陣の上でしか使えないのは微妙だなぁ。

まだ手の内を見せていない玉置もクセのある悪魔なのか気になります。

サンタの人形は数が限られていると思いきや、めちゃくちゃ押し寄せてきていたので、相当強い契約をしたんでしょうね。

久々の戦闘を見せたパワーは人形にならなくて安心しました。

パワーが人形になって終わるのはらしくないかなって思いますよね。

デンジは人形になってしまうのでしょうか、主人公ですから触られずに済むんだろうなと。

そして、デンジたちに「誰?」と一斉に言われる中でいい仕事をした中村を忘れちゃいけません。

正直、今回が中村のピークだと思いますが、少しで長く生きていてもらえたらなと思います。

デンジたちが人形と戦っている間に、師弟コンビやアメリカの三男・アルドもデパートに来ていたようですね。

アルドは発狂して終わりそうですけど、師弟コンビは落ち着いているのが強者っぽい感じがします。

アメリカの兄貴たちのように、あっ気なく死なずに活躍してもらえたら嬉しいなと。

サンタクロースのプレゼントは次回で明らかになるのか、大量の人形軍団に何かさせるんでしょうかね。

マキマが警戒していたような悪魔の力を繰り出すのは間違いないはず。

てか、マキマが動いているのに、岸辺は何をしているのかなと。

マキマも岸辺も大物たちをデンジたちに丸投げして終わらないですよね。

実力者らしくカッコイイ登場でもして、強いところを読者にみせつけてもらいたいなぁと思います。

最後まで読んでいいただきありがとうございます。

次のネタバレはこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました