『チェンソーマン』マキマが33話で使ったのはカビの悪魔?

マンガ・アニメ

『チェンソーマン』第46話にて、退魔2課の加藤・田辺が用いたカビの攻撃は、「カビの悪魔」によるものだと考えられます。

臓器にカビを生やすことができ、ダメージを受けた悪魔が血を飲んで再生しても、発生したカビは消えないとのこと。

このカビ攻撃をくらったレゼを見て、前に同じようなシーンがあったのを思い出しました。

第33話で、サムライソードが属するヤクザの組長にマキマが会った場面です。

マキマが33話で使ったのは「カビの悪魔」?

マキマは、銃の悪魔と契約した組員を聞き出すため、関係者の目という強硬手段におよびます。

怒った組員がマキマを殴ろうとしますが、マキマに睨まれると鼻や目から出血してしまうのでした。

出典:『チェンソーマン』

人間が睨んだだけで、他者が出血するなんて有りえませんよね。

なので、上記シーンは、マキマが何らかの悪魔の力を使ったと考えるのが妥当です。

では、どんな悪魔なのかといえば、先に述べた「カビの悪魔」によるものではないかと。

タイトルとURLをコピーしました