架空の迷惑メールを一人でやり取りして遊んでみた

どうも、トウゴです。

ケータイやパソコンが普及して久しい今日この頃。

これらを使う人たちの多くは、迷惑メールなるものを受信した経験があるではないだろうか。

そんなものに付き合う必要もないし、面白そうな件名だからと言って開くのは絶対に止めた方がいい。

なぜなら、以下のようなリスクがあるからだ。

・ウィルスなど悪質なソフトウェアに感染する
・メールアドレスが知られる→迷惑メールがさらに増える
・ネット詐欺に引っかかる可能性が高まる
出典:インターネットセキュリティー対策入門講座

「1億入金しました」「私の財産を譲りたいのでカバ・・」、などのタイトルに騙されてはいけない。

では、気になったメールに返信してみたいという欲求はどうすればいいのか?

そんなあなたに向けて、架空迷惑メールを一人でやり取りしてみました。

思うままにやってみた

登場人物

・トウゴ(メールを受信して返す)

・差出人(謎の迷惑メールを送る)

ある朝、6時のアラームが寝室に響く。

ズンドカチャッチャ、ブンチャッチャ♪

今日も太郎は帰らない~♪

ズンドカチャッチャ、ブンチャッチャ♪

待てど暮せど三郎も来ない~♪

トウゴ「だから、次郎は!」

そうツッコミながら今日もアラームを止めるトウゴ。

さっそく、朝の日課であるメールのチェックを始める。

いつも通りの作業をサクサク進めていると、新着メールが届いたことに気付く。

トウゴ「ん?なんだコレ?私の財産を譲りたいのでガバ・・って」

あきらかに普通でない件名に戸惑う。

トウゴ「迷惑メールを開かせたいからって、わけわからんだろう」「でも、なんか気になるな・・」

と、頭で理解しているのに好奇心が勝ってしまった。

トウゴ「好奇心に正直になれ!って死んだじいちゃんなら言うよな」

そう、自分に言い聞かせながら目の前のワクワクに手を伸ばす。

トウゴ「ポチっとな!」

未読にならずに済んだ内容はこうだ。

<カバディの参考になる本を購入してください、と言わた通りに買ってきました。正解かどうかお答え頂けますでしょうか?>

謎の件名は、カバディだった。

トウゴ「カバディの本を買うだけなら問題ないけど、良いかどうかなんて何とでも言えるだろ」「てか、俺が聞かれているのか?」

状況に戸惑うものの、深く考えず「さあ、貴方が選んだ一冊を述べなさい」、と返信したのであった。

トウゴ「述べなさいって感じでいいのかね?」

なぜか指示を出した者の口調を気にするトウゴ。

そんな心配をよそに、再び同じアドレスから受信をした。

トウゴ「どんな本を答えるのか?」

しかし、<答えようとしていましたが、非常に怖くなってきました。>

トウゴ「怖い?ミスだと何も手にできないから?」「だとしてもビビりすぎじゃないか」

相手の緊張をほぐすべく「何も怖がる必要はありませんよ」、と呼びかけてみた。

すると、驚くべき答えが。

<よくそんなこと言えるな!間違えたら全てを失うと言ったじゃないか!>

トウゴ「全てを失う?、家族の命がヤバい的なヤツか!?」

洋画でもそのワードは、愛する者たちの死を意味することが多い。

ここで普通の人間なら、もう関わらない方がいいと判断するだろう。

普通の人間ならば、だ。

トウゴ「いいじゃん、いいじゃん!この状況でどんな一冊を選んだのか超気になるじゃん!」

相手の購入した本を知りたくてたまらなくなっていた。

素早く返信を求め、そのタイトルを知る。

トウゴ「こ・・これはっ!!!」

<ちおちゃんの通学路>

トウゴ「そこ来たかー!確かにカバディ出てくるけどさ、マンガなら灼熱カバディがあるよね」

ボケなのかガチかはともかく、答えを出さなければならない。

この一通で終わるのだ。

「正解です」

タイトルとURLをコピーしました