ヒートショックの具体的な予防を知って冬に備えよう

生活

好きな季節は春と秋のトウゴです。

秋といえば毎年、風物詩として「○○の秋」が使い倒されていますね。そのおかげで何かを始める人もいると思えばテンプレも馬鹿にできません。

そんな「○○の秋」が僕にもあります。

ズバリ!ヒートショック予防開始の秋でございます。

今回は、ヒートショックについてと、僕が実践しているヒートショック予防について記したいと思います。

ヒートショックとは?

ヒートショックって何?ユニクロの?

それはヒートテックだよ。

■「ヒートショック」とは?
ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動することで起こる、急激な温度変化が影響し、血圧が大きく変化することが原因で起こる健康障害です。失神、脳梗塞、心筋梗塞や不整脈などが引き起こされ、浴室で起こると転倒の危険や、湯船で溺れるなど、命に関わる場合もあります。

引用:独立行政法人労働者健康安全機構愛媛産業保険総合支援センター

 

情報番組などで知っている方も多いと思いますが、確認的な意味で引用しました。

この説明だけで、なんとなく「ヒートショックになったらヤバくね?」と、同時に「じゃあ、どう気を付けたらいいんだ?」とも感じてもらえたのではないでしょうか。

どういう人が気を付けるべきなのかな?

高齢者が気を付けるってイメージ

ヒートショックに気を付けるべき人

要注意項目
●65歳以上(特に75歳以上)
●以下の病歴がある
 ・狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞
●以下の持病がある
 ・不整脈、高血圧、糖尿病
●以下の習慣がある
 ・飲酒直後に入浴する
 ・食直後に入浴する
 ・薬を飲んだ直後に入浴する
 ・一番風呂
 ・深夜に入浴
 ・熱い湯(42℃以上)に、首まで長くつかる
●以下のような居住空間である
 ・浴室・脱衣所・トイレに暖房設備がなく、冬場は寒い
 ・浴室がタイル張りで窓があり、冬場は寒い
 ・居間と浴室、トイレが離れている

引用:LIFULL介護

上記項目をチェックして何か要注意な点がありあしたか?習慣の項目は行わないことが予防になるので、涼しい秋口から行わないことに慣れてしまいしょう。

僕は、病歴に狭心症があるので気を付けるように心掛けています。

基本的な予防

消費者庁から注意喚起されている以下の項目は、そのまま予防の仕方として取り入れることができます。

(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
(2)湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。
(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
(4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
(5)精神安定剤、睡眠薬などの服用後入浴は危険ですので注意しましょう。
(6)入浴する前に同居者に一声掛け、同居者は、いつもより入浴時間が長いときには入浴者に声掛けをしましょう。

引用:消費者庁ニュースリリース 冬季に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!

どれもすぐに取り入れられる予防ですね。冬本番から気を付けるより、冬に向けて今から気をつけてこそ予防です。言わば対策なのです。テスト対策の情報だけ知っていても、テスト当日まで全く勉強していなければ単なる情報にすぎません。テストに向けてその情報を活用して勉強することがテスト対策ですよね。ぶっつけ本番よりコツコと習慣付けていきましょう。

僕の実践している予防

僕が毎年行っている予防は以下の通りです。

①浴室を温めてから脱衣せず浴室で着替える

②入浴は基本避けてシャワーのみ

③着替えも浴室で済ませる

④浴室から出る際は極力ゆっくりと扉を開ける

補足説明

ヒートショックは急激な温度変化に気を付けなければなりません。

まず、①を行うことで急激な温度変化を抑えつつ、素早く②に移行します。ちなみに、①の時に着替えを浴室に持ってきています。夏場でも肌着と下着は持ち込みます。②も極力短時間で済ませて、体が温まっているうちに③を行います。正直、上下とも着替えると暑くなってしまうこともありますが、慣れてしまえば大したことではありません。そして、一番気をつけている④。脱衣所を温めていても浴室とは温度差があるので、浴室の扉をゆっくり開けて温度変化を一気に感じないように注意しています。

④は寒い朝の玄関を開ける時などにも使えます。

まとめ

ヒートショックは交通事故の3、4倍起きているそうです。どちらも気をつけていても絶対防げるとは限りませんが、交通事故とは異なり他者から何かされることはありませんよね。自分の気を付けるべき点を意識し、予防していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました