カッテネっての使い方は難しい?【意外と簡単!サラッと解説】

どうも、トウゴです。

このブログを始めた頃から、Amazonや楽天のアフィリエイトを貼りたいなと思っていました。

みなさんも、書籍やゲームなどの画像が表示されているのを見たことがありませんか?

多くのブログで目にしていた、カエレバというツールの導入を試みるも、使い方が難しく今まで設置できないままに。

最近になってカエレバについてネットで調べると、Amazonアソシエイト(Amazonのアフィリエイト)の規約変更により、なんと!Amazonが扱えなくなると判明。

その時に、カエレバの代わりになるカッテネを知りました。

この記事では、僕のようなブログやPCスキルがない人に向けてのカッテネの使い方を解説しています。

WordPressはプラグインで導入できる

カッテネ開発者様が運営するWebFoodによると、WordPressで使うにはプラグインで簡単にできるとのこと。

てっきり、最初から難しそうなコードやらをあれこれ設定しないといけないのかと思っていたので、これは助かりますね。

さっそく、インストールしてみましょう。

ダッシュボードからプラグイン→新規追加と進み画像にある「kattene」を入力して「今すぐインストール」をクリック。

インストールが完了したら「有効化」をします。

このプラグインに限らず、インストールしただけでは機能しないため、必ず有効化をしておきましょう。

何かおかしいなと感じたら有効化しているか確認してみてください。

ショートコードを貼り付ける

カッテネは、ショートコードを用いて下のように表示されます。

出典:Web Food

開発者様のサイトで公開されている、以下のコードをメモ帳などに貼って使いましょう。

[kattene]
{
"image": "【画像URL】",
"title": "【タイトル】",
"description": "【説明】",
"sites": [
{
"color": "orange",
"url": "【メインのURL】",
"label": "Amazon",
"main": "true"
},
{
"color": "blue",
"url": "【商品のURL】",
"label": "Kindle"
},
{
"color": "red",
"url": "【商品のURL】",
"label": "楽天"
},
{
"color": "green",
"url": "【商品のURL】",
"label": "楽天Kobo"
},
{
"color": "pink",
"url": "【商品のURL】",
"label": "audiobook"
}
]
}
[/kattene]

コードにある【】内には、表記されているURLなどを貼っていきます。

その時に【】は消してください。

そのままだとエラーになってしまいます。

・画像URL

カッテネに表示される商品の画像(Amazonの画像はリンク切れしにくい)

・タイトル

商品名を入力。

・説明

著者やメーカーなど。

・メインのURL

画像やタイトルをクリックして表示されるURL。

コードの中にある"main": "true"がついている商品のURLがメインとなります。

楽天をメインにしたい場合は、楽天のみに"main": "true"をつけましょう。

・商品のURL

Amazonなどのアフィリエイトリンクを貼ってください。

以上ができたらコピーして、ブロックの追加→ウィジェット→ショートコードを選択。そこでショートコードを貼れば完成です。

問題がなければきちんと表示されるので、コードを貼ったらプレビューで確認しましょう。

実際に「チェンソーマン」で作ってみました!

タイトルとURLをコピーしました