【メイド・イン・ひっこみゅ~ず】第6話感想【ネタバレあり】

感想

どうも、トウゴです。

今回はメイド・インう・ひっこみゅ~ず第6話のネタバレと感想を書きました。

 

まずは前回のあらすじを振り返ってみましょう!

 

第5話あらすじまとめ

アケビ・ザクロ・マンゴスチンの3人は、店長からメイドとして必要な特訓を受けることに!

 

「おかえりなさいませご主人様」などを指示されるままに行うも、店長のゆるい判定でことごとく合格していきました。

 

ほんの少し自信を持つアケビとザクロでしたが、人気メイド喫茶の映像で現実を思い知らされてしまうのです。

 

そんな2人の自信を取り戻そうと話し始めるマンゴスチン。

 

アケビたちの良いところを述べたうえで、無表情でカワいくできないことを謝るも、あまりのカワいさに衝撃を受けるのでした。

 

 

 

ここから第6話の感想に入りますよ~

ネタバレありの感想です。あらかじめご了承ください。

 

第6話「よろこびスイッチ」感想

うさぎカフェで楽しむランブータンの姿。

モフモフでウサウサな空間に「あ~落ちつくゥ~」と満足な笑みを浮かべます。

そんなランブータンがアケビたちとコミュニケーション♪

ランブーターン登場

アケビたちメイドが顔を合わせて3日目。

 

前回までのアケビたち3人が集まり、店長と挨拶をします。

 

なぜか「あら?あら?」とキョロキョする店長。

 

「どうしたのお姉ちゃん」

 

そうたずねられた店長は、ランブータンも来ることを話します。

 

最初のイメージから
(ランブータンさん・・あんなに明るいのにコミュニティになじめないのかな・・)と気になるアケビ。

 

ふいに扉の開く音がします。

 

まさかのお客さん?とメイドたちに緊張が!

 

しかし、「お・・はようございまーす」と入ってきたのはランブータンでした。

 

コメント

第1話から数日しか過ぎていなかったんですね。

 

オープンまで何日かかるのか?

 

ガラっと変わるオンオフ系

遅れてやってきたランブータンは、ウサギカフェに寄ったらなつかれて大変だった話をします。

 

「ウサギさまに好かれるタイブなのですネ!」とザクロ。

 

そういう問題かと思うアケビは、この前とイメージの違うランブータンに戸惑います。

 

ほんわかした表情のランブータンに、メイドたちもホワワーンと和み、ランブータンも落ち着くのでした。

 

その雰囲気のままアケビたちと話してから「んじゃ私も着がえてこようかな~」と言ってから現れたのは・・!

 

「おかえりなさいませっ!ご主人様っー!」と手で♡を作るポーズをするハイテンションなランブータンが!!

 

前回のお手本になるようなキメッキメッ!

 

真逆のテンションに驚くアケビたちに「メイドってこんな感じ!?ぎゃー!!めっちゃキンチョーするね!!」とはしゃぎます。

 

あまりの違いに(ま・・・まさかこれも・・・!?)と、ひっコミュ系女子っぽさを感じたアケビ。

 

ランブータンはオンオフ系ひっコミュで、

・テンションの高いときと落ち着いているときの差がとても大きくまるで別人に見えてしまう

・変るスイッチも本人の気分次第で周りを「何があったのか!?」と驚かせてしまう

上記のような特徴があるようです。

 

コメント

場を和ませてくれるのもいいし、ハイテンションで楽しませてくれるのもイイ!

 

コミュニケーションできなくても・・

スイッチの入ったランブータンは、ぴょんぴょんと一気に場の空気を変えてしまいます。

 

コミュニティを回せるランブータンに、アケビたちがどう反応するか興味シンシンな店長。

 

が、アケビとマンゴスチンは浮いてしまいました。

 

2人の様子に気づいたランブータン。

 

みるみるテンションが下がり、ほんわかした感じに戻ってしまいます。

 

(あちゃ~まーたテンション上げすぎちゃった・・・)(いつも初対面なのにぐいぐい行きすぎるんだよね~)とランブータン。

 

他にもテンションが上がってしまうことや、自分が絡みづらいだろうとも思っているのです。

 

頭ではわかっていてもどうしようもないためか、

~いっか!)(いつもこうだしね~)

(コミュニケーションできなくても死にはしないしね~)と自身に言い聞かせているようでした。

 

声をかけようとしたアケビは、ランブータンの寂しそうな表情に気が付きます。

 

アケビも経験してきた、コミュニケーションが上手くできないが故のものだと・・。

 

コメント

元気のいいアゲっぷりがカワイイですね。

 

毎度ながらキョドるアケビは最高!

 

なんだかんだでコミュニケーション取ろうとしてるところも。

 

本当のキモチ

ここで再び話しかけるアケビ。

 

テンションの変化に驚いたことを謝り、自分の気持ちを伝えます。

 

「あああ・・あの・・ランブータンさんみたいな人が話しかけてくれて・・・」「その・・うれしくて緊張しちゃって・・・」

 

「一緒にお話とかできればなぁって・・・」

 

 

そう言われたランブータンは、「一緒に・・・」の言葉でそんな風にできなかった自分を思い出します。

 

気落ちするときにテレビから「場所や状況でひっこみじあんは・・武器となるのです!」と話す店長に反応するところも。

 

自分の場所を見つけられたと喜び、スイッチが入るランブータン。

 

嬉しさのあまりぴょーんと飛んじゃうぐらいに!

 

「あ・・・あの・・・ランブータンさん?」と心配するアケビ。

 

 

ゴキゲンに「『ランブーちゃん』でいいよアケぴょんっ!」と返事をしたのです。

 

ザクロにはザクロぴょん。

 

マンゴスチンはチンぴょんで断られ、マンぴょんでも「それもいやです」と当然ダメでした。

 

 

ここでランブータンは気が付くのです。

 

(私って・・・すっごくコミュニケーションしたかったんだ・・・)と。

 

そして、この店が彼女にとっての居場所である「ひっコミュニティ」になると話を締めにかかる店長。

 

しかーし!あだ名をつけてもらったアケビを喜び、泣きながら写真を撮るのでした。

 

コメント

今の自分を変えるんじゃなくて、合う場所を見つけるってなかなか大事ですね。

 

狙っているとは言え、チンぴょん・マンぴょんはOKしないだろ(笑)

 

まとめ

 

ポイント

・ランブータンは動物好き

 

・オンオフ系はテンションの落差がはげしい

 

・ランブータンの居場所が見つかった

 

・チンぴょん、マンぴょんはNG

 

コメント

ようやく、メイドたちをリードできそうなキャラクターが出てきてくれましたね。

 

ランブータンがそういうポジションになるかはともかく、盛り上げてくれるのは間違いないはず!

 

コミュニケーションしたかった気持ちはオンオフの切り替えがあることで、より嬉しさが強調されて伝わりました。

 

マンゴスチンとランブータンの相性は今後どうなるのか楽しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました