『チェンソーマン』不死身なマキマはあの悪魔になる?を考察

マンガ・アニメ

『チェンソーマン』の主要人物であり、謎多きキャラクターでもあるマキマ。

そんなマキマの大きな謎が、第26話で描かれました。

  • 特異課襲撃でマキマが凶弾に倒れる
  • 頭を撃ち抜かれたが生きているマキマ
  • 襲撃犯たちが大きく貫通された死体に

上記から浮かび上がるのは、

マキマは悪魔になれるため不死身ということです。

悪魔になる描写はありませんが、普通の人間が超近距離から頭を撃ち抜かれた場合、即死ではないでしょうか。

仮に即死でなかったとしても、何事もなかったかのように立ち上がるのは無理ですよね。

では、なぜマキマは生きていたのかと考えると、悪魔になれるという結論に。

本題はここからです。

襲撃犯たちが体を貫通されていたのは、明らかに悪魔の力によるもの。

マキマは、どんな悪魔になり、敵の体に穴をあけたのかを考察します。

マキマはドリルの悪魔になる?

早々に結論を出しましたが、僕はドリルではなかろうかと思うんですよね。

理由を述べていきます。

威力はあるが近距離攻撃

襲撃犯たちの貫通された姿が描かれたシーンは、新幹線の車内にもかかわらず、周辺が破壊されていませんでした。

この事実に気が付く前は、バズーカなどの砲撃かなと思いましたが、そんな物を使って車内に損傷がないのは不自然ですよね。

となると、貫通する威力はあっても近距離の攻撃かなと。

貫通というイメージに当てはまるのがドリルです。

デンジとの類似性

マキマは、デンジの秘密を何か知っていることから、デンジと類似した悪魔もあり得ます。

チェーンソーのように工具系の悪魔で、貫通する攻撃ができるとなると、両方を満たすのはドリル。

デザインに無理がない

『チェンソーマン』にて人間が悪魔になると、頭部や腕にチェンソーや刀が生じます。

ドリルの悪魔だったらどうでしょうか。

額からドリルが出たり、腕に生えてもデザイン的に無理はありませんよね。

近距離から敵を貫通する悪魔として成立するはずです。

恐怖を与えられる

『チェンソーマン』第6話でマキマ自身が、こう言っています。

「その名前が恐れられているものほど悪魔自身の力も増すという」

ドリルで攻撃されるって普通に怖いですよね。

絶対痛いですから、ドリルは恐怖を与えられるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました