裏切られたときにメンタルを消耗しない対処法【悲しむ必要なし】

自分の親しい人に裏切られ、ショックを受けてしまうもの。

何がいけなかったと悩み、メンタルを消耗していませんか?

そんなあなたの悩みを解決する記事を書きました。

サラっと読めて難しくないですから、安心してくださいね。

<この記事を読んで得られるメリット>

  • 裏切られてもメンタルを消耗しない
  • 具体的な対処法を理解できる
  • 逆の立場で考えられるようになる

では、具体的に説明していきます。

裏切られたときにメンタルを消耗しない対処法

まず結論から言うと、裏切った相手を悪い人と考えてしまえばいいんです。

そんな人だったのかと思うより、最初から悪であったんだと認識しましょう。

性悪説で対処する

ここで登場するのが性悪説という考え方です。

古代、中国の思想家・荀子(じゅんし)が唱え、人は生まれつき悪とする思想。

広く知られている性善説と真逆になります。

性悪説という理屈付けができるので、納得して悪とすることができますね。

そうすると、どんな人だとしても生まれつきの悪に早変わり。

仲良しな友人、信頼できる同僚や先輩でも問題ありません。

相手への認識を変えてしまえば、メンタルの消耗もなくなります。

具体的な対処法

実際に例をあげて対処法を見ていきましょう。

「裏アカウントでめっちゃ悪口言われてた・・」

性悪説でこう考えてしまえばいいんです。

「生まれつきの悪なんだから、こんなことぐらい平気でやるよ」

抑えた表現にしましたが、あなたの心情に合わせてもOKかなと。

上記は頭の中で対処する方法です。ネットなどで「アイツは生まれつきの悪だ」と吹聴してはいけません。

どこか割り切れない場合

性悪説による対処法を理解していただけたかと思いますが、それでも割り切れない場合もあるかもしれません。

そんな時は、あなたも裏切られた相手と同じことをするか考えてみてください。

どうですか?答えは出ましたか?

ええ、大事に思っていれば裏切りませんよね。

ここであなたに、「裏切る=大事に思っていない」と気付いてもらいたかったんです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました