他人が凄いのと自分ができないのは関係ないから気にしなくていい

ブログ

どうも、トウゴです。

ブログを始めて感じるのは、
他のブログの凄さ!

みんな、良いブログ作りすぎ。

自分のブログなんて全然ダメだ・・。

あなたもそんな経験ありませんか?

でも、それでブログを止めるのはもったいないかも

他人が凄くても関係なくね?って話です。

有名ブロガーと比べて落ち込むな

僕が凄いと思ったブロガーさんたち。

・何年も書き続けている
・お手本になるような記事を書ける
・ジャンル問わず読みやすい
・ただただ文章が面白い
・書き手の熱量が伝わる文章
・ブログが好きとどこかの中心で叫んでいる
・圧倒的に稼いでいる

どれも今の自分には足りていないです。

こんなに劣っているブログだとしても、
今スグ止める必要はありません。

めちゃくちゃ落ち込むのも意味ないかなと。

なぜだと思いますか?

他人が凄くても自分ができない理由にはならないから

僕はそう思っています。

自分のできることをやればいい

基本的にブログは誰でもできますよね。

だから、続けることだって同じ。

文章や記事のレベルも上げていけばいい。

凄い人も最初から凄かったわけじゃありません。

お前に言われたくない?失礼しました。

他人と比較したくなる気持ちはわかります。

けれど、どこまでいっても他人は他人。

相手が凄いかどうかなんて関係ないですし、
自分が変化するわけじゃありませんから。

他人に左右されず自分のできることをしましょう。

最終的にできればいいと考えよう

気持ちがあっても上達は人それぞれ。

伸びの早い人もいれば、ゆっくりない人もいます。

そこは素直に受け入れましょう。

長い目で最終的にできればいい。

そう考えてみませんか。

自分との戦いです。

無理なく考え、気持ちを安定させましょう。

他人の早い成長も気にならなければ、
最速や爆速がナンボのもんと思えます。

この考えについてはこちらをどうぞ。

なりたい自分になればいい

あなたは、どんなブログを目指していますか?
どんなブロガーになりたいですか?

想いのある人が止めてしまうのは勿体ない。

人気ブログ?プロブロガー?

いい目標じゃないですか。

なりたいのならなってしまえばいいんです!

目標が高ければ時間もかかるでしょう。

凄い人と比べてヘコんでしまうかも。

そんな時は、この言葉を思い出してください。

他人が凄くても自分ができない理由にはならない。

他人が凄いとか関係なくね?と思って頂けたら幸いです。

凄い人たちは学ぶ対象として見ましょう。

タイトルとURLをコピーしました