【ハンター×ハンターAC】レイザーと14人の悪魔【20年2月】

ゲーム

Yahoo!モバゲー『ハンター×ハンターAC』のイベント、「レイザーと14人の悪魔」をプレイしました。

ガチ攻略ではなく、遊んでみた記録程度に思って頂けたら幸いです。

イベント期間:2020年2月17日~24日

7体の念獣戦について書きました。

VS7体の念獣

画像は念獣戦で使用したデッキです。

前列左から

  • シズク(起伏なき感情)
  • クロロ(予言の見極め)
  • シャルナーク(急増するオーラ量)
  • カルト(紙舞切殺)
  • シャルナーク(標的排除)

後列左から

  • クロロ(刹那の駆け引き)
  • シズク(仮面舞踏会Special ver)
  • 幻影旅団(湯けむり2019ver・男)
  • パクノダ(仮面舞踏会ver)
  • シャウアプフ(偉大なる王の側近)

上記に加えてイルミ・ビスケをGR枠に。

敵の前列にいる念獣1・2・5・6の4体は、「敵が4体以上覚醒中だと攻防10倍」となるため、防御力を無視してダメージを与えられるシャルナークとカルトを入れました。

前列左端のシズク(起伏なき感情)、後列左端のクロロ(刹那の駆け引き)、パクノダ(仮面舞踏会ver)で、攻撃力を上げていきます。

念獣はダメージ5000の呪剣や呪怨+自動回復で10000ダメージの技を仕掛けてくるため、異常防御やシズク(仮面舞踏会Spesial ver)のような対策が必要に。

シズク2体が機能しないと1体も倒せないこともありますが、ほとんど1BPで7体倒せています。

5ターン目に念獣が3、4体残っていも、幻影旅団(湯けむり)の5ターン目に発動する技で一掃できました。

先に挙げた前列のシズクは、1ターンと4ターン目に敵味方の効果を全て除去し、味方の攻防を超大幅に上げてくれるので、パクノダの周囲にいる旅団の生存が重要になります。

タイトルとURLをコピーしました