高齢者にサブスクリプションの需要はない?喜ばれるものを考えよう

現在、動画配信を筆頭に定額制サービスが多く誕生している。

しかし、意外とその需要は限られてしまっているようだ。

サブスクなんて横文字で言うとかっこいい気もするが、一つのサービスをそこまで必要としていないのかもしれない。

 

どうも、トウゴです。

若者なら認知されているサブスクも、高齢者となるとそうはいかないだろう。

そもそも、既存のサービスにシニア世代が求められていたのかも疑問だ。

老後の暮らしに訴えかけるようなサービスを考えてみたい。

リアルな孫とのふれあい+α

高齢者は、家族との同居に関わらず一人の時間が多い。

そこにペットやAIロボットがいるだけで、ふれあう喜びを感じ、中には生きがいを見出すこともあるのだ。

では、どのようなサービスを考えるか。

リアルな孫とのふれあいと、生活全般をサポートできるデバイスの定額制サービスを提案したい。

具体的には、シンプルなゴーグルを装着することで、リアルに孫を感じられるものや、ホログラムを浮かび上がらせるものだ。

前者は対面コミュニケーション、後者は伝言メッセージ的な役割を持たせる。

そして、自分のカルテを保存しておけて、緊急時に役立つものに。

日常では、薬を飲む時間を知らせたりする機能を加えたい。

旅行し放題の定額制サービス

観光バスを見かけると高齢者が多く利用しているのがわかる。

時間とお金、体力に余裕があれば旅行し放題は需要があるのではないだろうか。

また、看護師に同行してもらったり、病院に運ばれるような場合でもきちんと帰宅できたりするサポートがあれば安心できるはずだ。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました