『夜桜さんちの大作戦』作戦6「フラワー便本社」ネタバレ感想

マンガ・アニメ

どうも、二刃推しのトウゴ(@blog_togo)です。

『夜桜さんちの大作戦』第6話のネタバレと感想を書きました。

まずは、前回をふり返ってみましょう。

作戦5まとめ

夜桜家でくつろいでいた太陽は、何者かに拉致されてしまう。

脱出を試みる太陽だったが、行く手に有名なスパイの「運び屋」花輪が現れた。

そこに六美が太陽との人質交換として連れて来られ、本当の目的は六美だったと知る。

夜桜に送り返された太陽は、凶一郎との特訓をすることに。

 

詳しくは、こちらをチェック!

凶一郎の特訓、どう控えめに考えてもキケンな予感・・。

では、ネタバレいってみましょう。

ここからネタバレになります。あらかじめ、ご了承ください。

『夜桜さんちの大作戦』作戦6「フラワー便本社」のネタバレ

作戦6のネタバレは、下記の内容です。

ネタバレ
  • 特訓はフラワー便本社にて
  • 任務兼特訓開始
  • 何があっても心を乱すな
  • 六美への手がかり

詳しくネタバレしていきますね。

特訓はフラワー便本社にて

新たな特訓は、フラワー便本社での実践でした。

まだ受け渡しの期日でないのに、花輪のアジトに乗り込んでいると驚く太陽。

「言ったはずだ 一流を知るには心と体に直接刻むのが一番だと」と言いながら、凶一郎の専用武器・鋼蜘蛛(極細)で太陽を操り、正しい動きを肉体にトレースさせると。

結果、実践を通して夜桜の基礎を身に着けられるようです。

そして、アジトへの潜入を待たなかったのは、すでに六美がアジトにいないからでした。

「フラワー便は攪乱のためすぐ流通網に商品をのせる」という理由のためで、闇の流通ルートを探るのは不可能に近いとのこと。

流通データが記録されている情報端末であれば、六美のデータも追えるため、端末を奪取するための潜入と説明します。

任務兼特訓開始

端末奪取の準備は整っていましたが、「しくじれば六美救出の難度ははるかに高まる」と凶一郎。

事の重大さが伝わったところで、「さあ 任務兼特訓の開始だ」と強制的に体を動かされてしまうのでした。

さすが敵のアジト、すぐに敵の男2人に遭遇してしまいます。

通信機で仲間に連絡されそうになりますが、咄嗟に夜桜式護身銃「八重」を使い、通信網を封じるのでした。

「八重」は最大出力800万Vの電気銃。

すぐさま接近戦を挑む太陽に、敵の1人がナイフで応戦します。

防刃・防弾の夜桜部屋着(潜入用)で攻撃を受け止め、素早く制圧してしまいました。

「一人一秒で仕留めれば及第点だ」となんとかお咎めはなったものの、ぐったりな太陽に休みを与えません。

七悪特製の元気薬を注射され、強制的に元気にされてしまいました。

こうしてアジトの奥へ進んで行きます。

何があっても心を乱すな

無事、目的の端末を扱っている人物へと辿りつく2人。

しかし、端末を狙う者を逃がさないためのセキュリティがあるため、乱暴に奪うわけにもいきません。

アジトは工場で、運び屋の荷物がたくさん運ばれています。

「『赤ん坊から核ミサイルまで』 まさにここは闇社会の血と心臓だ」と凶一郎。

続けて太陽を操っていた鋼蜘蛛を解き、「何があっても心を乱すな 糸無しでも体の記憶を辿れば必ずやり遂げられる」と太陽を送り出します。

ターゲットに近づ太陽でしたが、「ママー!!パパー!!」と子どもの叫び声が運ばれるコンテナから発せられました。

その声を聞いたアジトの者が、どこに運ばれるにしても地獄だと言う声も太陽には聞こえてしまいます。

少し動揺するも六美のためと言い聞かせ、なんとか耐えようとしました。

しかし、「助けて・・お兄ちゃん・・!」との泣き声に、死んでしまった弟が頭に浮かび、心を乱してしまいます。

カッとなったまま端末を持つ人間を倒し、奪取に成功するのでしたが、生体認証が何重にもなっているため、コンテナを止められない状態に。

端末を破損させると工場が停止することを説明されていたため、電気銃の八重で端末を傷つけるのでした。

工場の機能が停止すると同時に侵入がバレれしまいます。

四方から太陽に襲い掛かる敵を一瞬で制圧し、「心を乱すなと言ったはず」と凶一郎。

「お前の行動は否定しない だが行動に伴う責任について冷静に判断するのもスパイの責務だ」

「六美への手がかりを失った責任を お前は受け止められるのか?」

溺愛する妹のことにも関わらず、凶一郎は意外なほど冷静に言葉をかけてきました。

六美への手がかり

六美の手がかりを失う代わりに、女の子を助け出した太陽。

おびえる女の子に優しく手を差し伸べると、太陽に抱き着き泣きじゃくりました。

ホッとした女の子を抱きしめながら、六美に謝り自分を責めます。

すると、太陽の指輪を見た女の子が「この指輪・・お花の車に乗ったお姉ちゃんと同じ指輪だ・・」と運ばれる六美を見かけていたのです。

「お嬢ちゃん もう少しくわしく教えてくれるかい?」と凶一郎が優しく尋ねるのでした。

ここで話は終わります。

改めてネタバレは、こうでした。

ネタバレ
  • 特訓はフラワー便本社にて
  • 任務兼特訓開始
  • 何があっても心を乱すな
  • 六美への手がかり
タイトルとURLをコピーしました