『ジップマン!』第15話ネタバレ感想|ジップマン同士のガチバトル!

マンガ・アニメ

週刊少年ジャンプ連載『ジップマン!』第15話のネタバレと感想を書きました。

続きは『ジップマン!』第15話のネタバレをご覧ください。

前回・第14話についてはこちらから。

ここから『ジップマン!』第15話のネタバレになります。あらかじめご了承ください。

『ジップマン!』第15話のネタバレ

『ジップマン!』第15話、

「兄弟喧嘩」のネタバレです。

ジップマンは潔白(ヴァイス)の下位互換

「千奈を殺す」

「邪魔するな鉄芽」

行く手を阻む鉄芽に攻撃を仕掛ける鋼志郎。

鋼志郎の攻撃にタイミングを合わせて迎え撃つ鉄芽。

巨大な拳同士が激突しますが、一方的に鉄芽側の拳だけバラバラに砕かれてしまいます。

凄まじい衝撃を受け、最上階から吹き飛ばされてしまう鉄芽。

高みの見物をしている会長が理由を説明。

「見た目はよく似ていても仕様(スペック)は全く違う」

「全てにおいてキミはヴァイスの下位互換だよ 鉄芽くん」

千奈の居場所を捜索する鋼志郎

邪魔をする鉄芽がいなくなったところで、鋼志郎は千奈の居場所を捜索します。

街中で暴れている着ぐるみを通して、千奈の現在地を確認する鋼志郎。

いざ向かわんとする鋼志郎の元へ、全融合(クアッドフュージョン)になった鉄芽が強襲し、戦いは地上に舞台を移します。

「「千奈を殺す」・・?」

「違うだろ・・おれ達は・・」

「千奈を笑顔にするんだろ・・!?」

地上に叩き落した鋼志郎に呼びかける鉄芽。

鋼志郎を救う方法に気付く鉄芽

「そうだ」

「俺は・・俺達は・・世界の命運と千奈の笑顔の為に」

「「千奈を殺す」」

鉄芽の悲痛な言葉でも会長のプログラムから鋼志郎を元に戻せません。

そう話す潔白のジップマンは、今まで戦ってきた全ての機体の力を同時に発動させた形態に。

ジップマンの全融合よりも異形な姿となる潔白のジップマン。

「あの日決めただろ・・「二人でやる」って」

「なのに何でだ・・?」

「何で邪魔をするんだ鉄芽・・!!?」

元に戻っていない鋼志郎ですが、鉄芽に理解されないことに苛立ちと、悲しみが言葉にこもります。

「邪魔するに決まってるだろ・・こんな狂った命令!」

「わかった・・俺に任せろ鋼志郎・・!」

話しているだけでは鋼志郎を正気に戻せないと悟ったのか、何かを決意する鉄芽。

鉄芽に対する鋼志郎の本音

「お前の「魂」ジッパーに入ってるんだよな・・?」

「だったら・・その体ぶっ壊して止めてやる・・!!」

鋼志郎の魂を潔白のジップマンおよび会長から解放するため、潔白の破壊を宣言する鉄芽。

「お前・・殴り合いだからって勝てると思ってんのか・・?」

「もう昔の俺とは違う・・守られてた頃の俺とは」

「だから俺は絶対に千奈の笑顔を・・世界を守る」

「その為なら お前も殺す・・!!!」

会長のプログラムの影響を受けていながらも、鉄芽に対する本音を明かす鋼志郎。

天才・鋼志郎の力

鋼志郎の魂を取り戻すため、千奈を殺すために鉄芽を排除する戦いが始まります。

複数のジッパーの力を同時に行使する鋼志郎に、真正面からぶつかっていく鉄芽。

「素晴らしい・・あれだけの能力を全て同時に しかも元の機体達の何十倍もの出力で」

「更に新たな”組み合わせ(スタイル)”を生み出しながら・・!」

「やはり彼は天才だ・・最高の頭脳が私のモノになったんだ!これが私の”最強(ヴァイス)”・・!」

自分の想像を遥かに超えた鋼志郎の頭脳に感嘆する会長。

鉄芽を最も知っているからわかること

「子供の頃から本当に・・何も変わらねえんだな」

「一つの目標を決めたら ただひたすらそれしか見えねえ」

「その為なら自分の体も構わず誰にも頼らずどこまでも突き進む」

「そうだ・・世界で一番俺が お前の事を知ってる!」

圧倒的な力を見せつけたぐらいで鉄芽が引かないと誰よりも知っている鋼志郎。

鉄芽は鋼志郎の言葉通り、猛攻を受けボロボロになりながらも潔白のジッパーを掴み取ろうとします。

「だからお前は俺に勝てない」

潔白のジッパーにまで近づくとわかっていたように、ジップマンの体を如意棒が貫くのでした。

「信じてたぜ」

「お前ならどんな攻撃にも屈せずに俺の喉元まで来るってな」

そして、身動きの取れない鉄芽に勇者が使っていた電撃を超至近距離から浴びせます。

電撃を食らった鉄芽はコゲた機体の中で、気を失い倒れてしまうのでした。

鋼志郎の魂をジップマンに

倒れてしまった鉄芽を黙って見つめる鋼志郎。

命がけの兄弟喧嘩が終わったところに、研究所のトレーラーと千奈が現れます。

動かない鉄芽に気付く千奈。

「どこかで見てたのか・・手間が省けたな」

「世界を救う為だ」

「「千奈を殺す」」

やって来てくれた千奈を問答無用で仕留めようとする鋼志郎。

しかし、攻撃が千奈に届く前に背後から潔白の胸をジップマンの腕が貫き、鋼志郎の魂が入っているジッパーを手にします。

「有り得ねえ・・負けたフリをしたのか・・?お前が・・」

「他人を・・千奈を危険に晒して・・囮にしたってのか・・!?」

「そんな事お前に出来る訳がっ・・」

自分の知る鉄芽が絶対するはずのない行動を見せ、動揺を隠せない鋼志郎。

「”おまえ”って目的の為なら・・一人じゃない皆でやるって決めたんだ」

仲間と戦う覚悟がそうさせたんだと言いたげな鉄芽。

最強と称していた潔白が負けても、会長は全く慌てる素振りを見せません。

「やれやれ・・まさか負けてしまうとは」

「まあ良質なデータも取れた 予備の機体に移せば更に成長するさ」

「さ 戻っておいでコーシロー」

鋼志郎の魂を再び回収しようとする会長。

会長が使う機械にジッパーが反応を示し、また会長に奪われてしまうと勘付く鉄芽。

「鋼志郎・・!!?」

「二度とどこにも」

「行かせるかァ!!!」

とっさに鉄芽は鋼志郎の魂が入るジッパーをジップマンに装着させようとするのでした。

第16話に続きます。

タイトルとURLをコピーしました