『ジップマン!』第16話ネタバレ感想|鉄芽と鋼志郎の真の共闘が始まる!

マンガ・アニメ

週刊少年ジャンプ連載『ジップマン!』第16話のネタバレを書きました。

前回・第15話についてはこちらから。

ここから『ジップマン!』第16話のネタバレになります。あらかじめご了承ください。

『ジップマン!』第16話のネタバレ

『ジップマン!』第16話、

「本当の気持ち」のネタバレです。

ジッパーが見せた鋼志郎の記憶

会長に再び鋼志郎の魂を奪わせてなるものかと、潔白のジッパーを自身のジッパーに近づける鉄芽。

そのとき、互いのジッパーが共鳴したかのように強い光を発します。

目を開いた鉄芽が目にしたのは、ガキ大将に兄弟そろってこてんぱにやられてしまった場面でした。

すぐに当時のことだと気付きますが、不思議なことに鉄芽は鋼志郎の意識の中で昔の光景を目にしたのです。

「だいじょーぶかコーシロー・・!」

「おれが守ってやるからな!!」

兄として弟の心配をする鉄芽。

<何で・・何でボクは弱いんだ・・>

自分の弱さを嘆く鋼志郎の想いを鉄芽は知ります。

そこへ、ジャックマンの必殺技を叫びながら颯爽と現れる千奈。

簡単にガキ大将をやっつけてしまう姿に鋼志郎は感動してしまいます。

<なんてかっこいいんだ・・!この娘みたいになりたい>

<この娘の笑顔がもっと見たい・・!!>

千奈が「ジャックマンみたいな強い人が好き」と言ったことには、鉄芽も強い人になりたいと思っているとライバル心を燃やす鋼志郎。

しかし、幼い頃から運動神経に秀でた鉄芽には同じことで勝負しても敵わないと思うようになるのでした。

ジッパーに蝕まれる鋼志郎

「そうだ・・だから俺はお前と別の道に進んだ」

幼い鋼志郎の意識を見ていた鉄芽に、どこからともなく話しかける鋼志郎。

「俺たちの道は”別れた”んじゃない・・」

不意に現在の鋼志郎に話しかけられ驚く鉄芽。

「俺からっ・・外れたんだ・・」

鉄芽の前に現れた鋼志郎は、会長の支配を受けているジッパーに苦しめられていました。

「鋼志郎!!!」

「今おれがっ・・!」

慌てて鋼志郎に駆けよろうとする鉄芽。

鋼志郎の本当の気持ち

「待て!このジッパーが俺を壊す前に・・」

「俺の理性が残ってる内に・・黙って話を聞け・・!!」

助けに入ろうとする鉄芽を制し、自分が壊れる前に本当の気持ちを伝えようとするのでした。

「さっきの記憶でわかっただろ・・?」

「お前はずっと「いつか俺に勝って千奈を笑顔にする」って言ってたが」

「とっくの昔にもう俺を負かしてるんだよ」

鉄芽とは別の道に進み、才能を発揮した鋼志郎でしたが、誰よりも鉄芽を認めていたのです。

「あんな事になって・・お前と一緒にジップマンになって正直嬉しくなってる自分がいた」

「とっくに外れた道に諦めた夢の中に戻れたみたいだったからだ」

鉄芽には敵わないと諦めたジャックマンのような強い人。

理由はどうあれ、ジャックマンになりたかった自分に戻れて喜んでいた鋼志郎。

ジップマンは鉄芽

「ぐッ!!!」

ジッパーに蝕まれ苦しむ鋼志郎。

再び鉄芽に話を聞けと手で制します。

「でもっ・・二人でやってみてよくわかった」

「やっぱり主役はお前・・俺は補佐(サブ)だ」

「それで十分満足出来た・・楽しかったんだ」

着ぐるみから見る鉄芽はまぎれもないヒーローでした。

しかし、適材適所で力を発揮できたことが嬉しくもあり、本当に楽しかったようです。

「だから・・コレでいい」

「千奈を笑顔に出来る”強いひと(ジャックマン)”は・・」

「ジップマンは お前だ鉄芽」

絶対絶命の状況に笑顔で本音を吐露する鋼志郎。

鉄芽が選んだ行動

「わかったら早く行け!俺の魂は後何分も経たずに会長(プログラム)に完全に書き換えられる・・!」

「今すぐ公園(ココ)を出て現実に戻り”ジッパー(おれ)”を破壊しろ!」

「でなけりゃあスグにヴァイス(おれ)は体(ボディ)に戻って復活し千奈を殺す!!」

鉄芽に本当の気持ちを伝えると、自らの破壊を急かします。

「いいな・・!?頼んだぞ!!」

「千奈を世界をっ・・」

そんな鉄芽の手を握り、言葉を遮る鉄芽。

「そういうのはもういいんだよ・・!!」

すると、鉄芽は鋼志郎がジッパーを抑えている手の上から、同じように抑え込もうとします。

「やめろ何してる!?」

「そんな事をしたら お前までプログラムに取り込まれる!!」

「最後くらい言うことを聞け!バカヤロウ!」

鉄芽の意外な行動に戸惑いつつも、プログラムに浸蝕される鉄芽に逃げるよう怒鳴る鋼志郎。

鉄芽が気付いた本当の気持ち

「だったらおまえも少しくらいおれの話を聞け!天才ヤロー!」

自分だけ言いたいこと言ってるなよと、鉄芽が話し始めます。

「ずっと競い合ってた おまえって目標をある日失っておれは悔しい様な虚しい様な・・よくわからない気持ちになってた・・!」

「でも おまえが戻ってきて・・一緒にジップマンになって おれも嬉しかったんだ・・!楽しかったんだよ」

鉄芽も共に戦ったジップマンを心から楽しんでいたのです。

「二度目にまた おまえを失った時・・その時やっと自分の気持ちがわかった」

「だからもう・・勝負とか千奈の為とかじゃないんだ」

「帰ってきてくれ鋼志郎」

「兄弟(おまえ)がいないとおれは ちっとも楽しくないんだよ・・!」

そんな二人をまとめて取り込もうとプログラムが襲いかかります。

今度は二人がジップマン!

現実では、急に動かなくなった鉄芽を千奈が心配していました。

鉄芽が手にしていたジッパーが、倒れた弾みで潔白の体に。

すると再び潔白が起動し、千奈の背後に立ち上がります。

まさかの復活に驚く千奈でしたが、兄弟の声を聞いて笑顔に変わるのでした。

「いつまで寝てんだ鉄芽」

「はは ごめんごめん大分ボロボロになってたからさ」

「待たせた!!」

鋼志郎の意識から戻ってきた二人は会長を見据えています。

「キミにはがっかりだよ・・コーシロー・・」

「やはり世界を変えるには・・私が動くしか無いんだね」

自分の物にならない鋼志郎に失望する会長。

ジッパーで開いたSTEEL-Xから、ビルより遥かに巨大な会長が現れます。

最強の敵を前にしても全く動じない鉄芽と鋼志郎。

会長には触れず、意識の中での互いが話したことをツッコミ合います。

そして、最終的にこんな結論に。

「とにかく!勝負は続行だ!!」

「会長をブッ倒してからな!!」

「だな!!!」

黒幕・会長と二人のジップマンのバトルが始まるのでした。

第17話に続きます。

タイトルとURLをコピーしました