『ジップマン!!』第4話ネタバレ感想|明かされる敵組織!次の敵は勇者!?

マンガ・アニメ

週刊少年ジャンプ連載『ジップマン!!』第4話のネタバレと感想・考察を書きました。


魔法少女のロボットと戦いで、敵のパーツを装着できると判明。

新しい必殺技を使い敵の正面ジッパーを開くことに成功するのだった。

中に入っているのは何者なのか?


続きは『ジップマン!!』第4話のネタバレをご覧ください。

ネタバレの後に感想と考察もあるので、

最後まで読んで頂けたら幸いです。

前回についてはこちらからどうぞ。

ここから『ジップマン!!』第4話のネタバレになります。あらかじめご了承ください。

『ジップマン!!』第4話のネタバレ

『ジップマン!!』第4話、

「俺とお前でジップマン」のネタバレです。

魔法少女の中身はイケメン

鉄芽と鋼志郎の連携により敵ロボット正面のジッパーを開けると、機体に入っていたのは意外にも若いイケメンでした。

魔法少女の姿をしたロボットだけでなく、アニメさながらの口調だっただけに驚きを隠せない双子。

すると、そんな2人の反応を目の当たりにして、

「皆そうだ・・見た目であるべき姿を決める!!」

と忌々しそうにイケメンが言いました。

ジャックマンは理想の象徴?

イケメンはさらに怒りをこめて話します。

「キューティーになりたいと言う僕を馬鹿にして・・でもこのスーツが僕を変えてくれた・・!!」

「誰でも好きなモノになれる愛と調和の世界がこの発明で実現するのに!!」

と自身が乗っていた機体の重要性を説くのでした。

そして、イケメンの言う理想の象徴にジャックマンがなるはずだったと明らかにします。

機体のジャックマンではなく、中の人間に訴えかけているようでしたが、鉄芽も鋼志郎も誰のことかわかりません。

明かされる敵の一端

ジャックマンに何があったのか知る由もないため、なぜ自分の邪魔をするのか戸惑うイケメン。

即座に鋼志郎が誰かのふりをしながら、

「お前達の思想が気に入らないから裏切ったんだ」

「どんな理想を掲げようがお前達のやっている事はただのテロだ・・!」

と鋼志郎としての意見を突きつけます。

しかし、イケメンは簡単に引き下がりません。

イケメンに機体を与えた人物は「ありのままでいられる世界」を掲げ、

そんな世界の為に欲望を解放し社会を壊せと言われたとのこと。

ジャックマンは1人と思っているイケメンは、

「君一人だけでは止められない!!」

と言い、他に機体を持つ階級の高い”会員”という者たちが敵にいると明かします。

さらに”会長”(チェアマン)がいて「魂転送技術」を使って処分されると忠告するのでした。

兄弟で戦う決意

そんな話をしているうち警察が来たので、倒した機体を持って逃げるジャックマン。

鋼志郎はイケメンの話を思い出し、より強い敵と戦わなければならないこと、いつかは鉄芽が危なくなると考えます。

心配されてる鉄芽は、

「”会長”とかいうヤツとっ捕まえればおまえの事元に戻せるって事だろ!!」

と弟を助けられる可能性が出てきてやる気になっていました。

慌てる鋼志郎の気持ちも理解した上で、

「おまえとおれならイケる気がするんだよな!!」

「必ずおまえを人間に戻す!

そうした上でおれが千奈を笑顔にするんだ!!!」

と最終的には兄弟での笑顔対決を制したい旨をぶつける鉄芽。

誰よりも鉄芽を知る鋼志郎には、諦めず目標に向かう兄と戦う決心をし、

「千奈を笑顔にするのは俺だ・・!」

と鉄芽のように目標を見据えるのでした。

ジャックマン改めジップマン

2人で戦うと決めた鋼志郎でしたが、

「”ジャックマン”名乗り・・ヤメねぇか?」

「本家でもなんでも無いのに勝手に名乗るのは本家に失礼だ」

とファンだからこその心情を吐露します。

とりあえず、ジャックマン以外の名前を考えることに。

自分が着ている機体を見つめ、チャックマンとなんともいえないネーミングセンスを発揮する鉄芽。

鋼志郎が慌ててコンセプトなどを求められたので、左右で合わさるジッパーに兄妹を重ね、

「”ジップマン”!!でどうだ!」

と満足げに提案するのでした。

こうしてジャックマン改めジップマンに。

次の敵は勇者ロボ

なぜか銭湯で入浴する5体の敵組織ロボット。

種類もバラバラなロボットたちはイケメンが言っていた会員のようで、

「お試し会員じゃやっぱダメだね」

とイケメンは正式な会員ではなかっとのこと。

また、ジップマンが装着もしていたパーツは、ジップヘッドと呼ばれ、取り返せば"ご褒美"(ランクアップ)とも明かされました。

敵ロボットの1体が先ほどの戦いを映像で見て、ジップマンではなく千奈を気に入り、

「勇者の仲間にピッタリじゃないか!!!」

と言い千奈を勧誘とジップマン退治をするため、

「”人間”として彼女に近付き口を割らせる」

「"擬態魔法"(モシャス)を使ってこっそりいこうぜ だ!!」

と魔の手ならぬ勇者の手が千奈に迫ろうとするのでした。

第5話に続きます。

『ジップマン!!』第4話の感想・考察

ようやく敵の組織が描かれた回でした。

敵の目的や会員、会長および魂転送技術が明らかになったわけですが、ジャックマンは元々なんだったのか気になるところ。

組織にとっては理想の象徴だったのなら、組織に作られた機体であり敵の一員だったはず。

お試し会員と言われたイケメンはともかく、ラストに現れた会員たちはジャックマンに鋼志郎の魂が移っているとわかっているのでしょうか。

そうだとしても、イケメンが話しかけていたジャックマンには元々誰かの魂が転送されていたようなんですよね。

鋼志郎の会社を襲ったときのジャックマンに入っていた魂はどうなってしまったか謎。

邪魔な存在となる会社を排除するのはわかりますが、頭脳であり社長である鋼志郎を機体に取り込んだのはなぜなのか。

元々のジャックマンに何があったのか明らかにされるのを待ちたいですね。

そうすれば意図的に鋼志郎の魂を転送させたのもわかるはず。

今回はついに双子で戦うことが決定し、ジャックマンからジップマンに改名する回でもありました。

ジッパーを閉めると2つが1つになるところがピッタリですね。

また、持ち帰った敵のパーツ、ジップヘッドは次の敵に使ったらビームあたり出してくれるのか気になります。

なぜか銭湯で入浴していた敵の面々。

その1体がトランスフォーマーのコンボイもといオプティマスプライムってのはどういうことなのか。

間違いなくトランスフォーム的なやつをすると思いますが、本家と全く違うものを見せてほしいところ。

最後に次の敵となる勇者風ロボットは勇者らしく剣を背負っています。

モシャスなんて言うぐらいですから、勇者らしくギガデインぽい雷系の攻撃をしてくるかもしれませんね。

この勇者、妙に千奈を気に入ってるので、惚れて仲間になるパターンもあるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました